ノートルダム2022 オンラインツアーに参加して

本日は、オンライン・アカデミー/ONYVA!  ノートルダム2022に参加しました。
フランス政府公認ガイドの中村じゅんじさんと、トラベルパートナーのエロディさんによる案内でした。

2019年4月に火災にあったパリのノートルダム大聖堂ですが、着々と修復が進んでいることが分かりました。

出発地点から目的地までの道すがら、広場やいくつかの裁判所の建物にある彫刻のアレゴリーはとても興味深いものでした。
手鏡と蛇は思慮深さ、剣と天秤が正義を暗示しているというものです。

HORA FVGIT STAT JVS
(正義は時代によって変わらない)

ノートルダム大聖堂のステンドグラスとパイプオルガンが無傷だったのは奇跡的です。
修復中ノートルダム大聖堂の前に修復の様子がパネル展示されて、漫画やイラストで説明されているのは分かりやすくて共感できました。

修復後のノートルダム大聖堂を訪れたものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。