赤ちゃんの接触性皮膚炎が心配です

お悩み確認

 大事な赤ちゃんがかぶれになるのが心配です、というようにお悩みの方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

皮膚の弱い赤ちゃんとアレルギー

 赤ちゃんは体が小さいだけではなく、多くの機能が未発達です。そのため、有害となる外部の刺激に対して抗力があまりなく、思わぬ病気や怪我をすることがあります。
 発展の途上にあるために事故に至ってしまうものとして、代謝機能、免疫機能、表皮や真皮の物理的防御機能などが挙げられます。

 アレルギー反応に関して簡単に説明します。抗原(アレルゲン)が体内に入ってくると生体が異物として認識して、この抗原に特異的な抗体を作ることができるようになります。そして、次ぎに、同じ抗原が体内に入ってきたときに、この異物を排除するために、抗体が作られてこの抗原と結合します。そして、この結合を契機として、貪食細胞がこの抗原・抗体複合体を食べたり、肥満細胞がメディカルエフェクターを放出したりします。このメディカルエフェクターが周辺の組織に対して作用して炎症などを引き起こしますが、これがアレルギー反応なのです。

 赤ちゃんは免疫機能が未発達なので、誤作動することも多くあります。逆に、免疫寛容と言って、抗原が入ってきても免疫機構が働かないこともあります。そして、成長とともに、免疫機能が正常に働くようになります。
 赤ちゃんがアレルギーにならないようにするための予防対策としては、抗原となるハウスダストを室内からなくすように心掛けることです。代表的なハウスダストには、カビの胞子、花粉、ダニの死骸や糞、ほこり、ペットの毛などが挙げられます。そのため、部屋の中をこまめに掃除することがとても大事になります。

接触性皮膚炎とは

 何かしらの物質が皮膚に触れた際に、これが刺激となったり、アレルギー反応を起こしたりして、かゆみを伴う湿疹が出ることです。かぶれ、とも呼ばれますが、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に大別されます。
 刺激性接触皮膚炎は、特定の物質と皮膚が触れることが刺激となって起こるものです。有名なものとして、うるしがありますが、それ以外にも実に多くの物質が存在します。指輪やネックレスの金属、化粧品、シャンプー、ゴム、外用薬や点眼薬のような医薬品などが挙げられます。
 つまり、アレルギー反応とは関係なく、刺激性接触皮膚炎は起こります。

 アレルギー性接触皮膚炎は、抗原が関与したもので、最初の抗原との接触で感作された後、次の抗原との接触の際にアレルギー反応が引き起こされるものです。
 特に、表皮や真皮の防御機能が未発達である赤ちゃんは、皮膚の細胞同士に隙間があいていて、ここから異物が侵入し易いのです。そのため、アレルギー性接触皮膚炎がよく起こるのです。
 抗原となる物質を排除して皮膚と接触しないようにすることが肝要です。

人気となっているジョイントマット

 昨今、とても注目を集めている敷物にジョイントマットがあります。これは、EVA(ethylene vinylacetate copolymer)やPE(polyethylene)という熱可塑性樹脂である高分子から造られているものです。その素材の特性から、断熱性、弾力性、防音性、撥水性、撥油性という性質を示します。
 それ故、冬のフローリングの冷たさを防いだり、転倒の衝撃を吸収したり、階下への音漏れを防いだり、水をはじいたりして、非常に機能性に溢れているのです。

接触性皮膚炎の対策となるジョイントマット

 抗原となるのは、それほど大きくない分子であることがほとんどです。そのため、EVAやPEという高分子は抗原とはなりません。従って、ジョイントマットは、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こさないのです。つまり、ジョイントマット自体に抗原性はないということになります。
 要は、抗原となるハウスダストが問題となります。しかし、ジョイントマットは、撥水性を示すので、カビが生えにくいです。また、表面が平坦な樹脂であるため、ダニが住みにくいです。そして、掃除機でごみを吸い取り易いので、ほこりや、ダニの餌となる垢や髪の毛も取り除くことが簡単なのです。

 従って、ジョイントマットは、ハウスダストが溜まりにくい敷物なのです。但し、端の連結部分のぎざぎざの凹部にハウスダストが溜まる可能性があるので、付属品であるサイドパーツをはめて凹部を解消してください。

接触性皮膚炎の予防と対応

 アレルギー性接触皮膚炎の原因となるハウスダストなどの抗原を、こまめに掃除して室内にないようにすることが大切です。これには、ジョイントマットを床に敷くことも一助となると考えられます。
 刺激性接触皮膚炎の場合は、原因となる物質と接触しないようにすることです。原因物質が不明であれば、パッチテストなどで確認することができます。

 対症療法としては、抗ヒスタミン薬を内服したり、ステロイド外用薬を塗布したりします。医師や薬剤師の指示に従い、疑問や副作用があれば相談するようにしてください。

まとめ

 以上より、接触性皮膚炎は、抗原となるハウスダウトを極力なくすことが重要です。それを可能とする敷物がジョイントマットなのです。カビやダニが発生しにくだけではなく、掃除機での掃除も容易であるため、アレルギー反応を引き起こしにくいのが魅力です。そのため、ジョイントマットは、赤ちゃんに優しい敷物と言えます。
 それでは、ジョイントマットを敷いて、接触性皮膚炎から解放された健康的な暮らしをお過ごしください。


ジョイントマット通販 トップ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

その疑問、解決します 2


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ