赤ちゃんの乳児湿疹が心配で、気になります

お悩み確認

 大事な赤ちゃんに乳児湿疹が起きることを心配している方、既に起きてお悩みの方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

赤ちゃんのアレルギー反応と乳児湿疹

 赤ちゃんによく見られるアレルギーとして接触性皮膚炎、食物アレルギー、乳児湿疹などがあります。
 乳児湿疹は、乳児アトピーとも言われていますが、厳密にはアトピー性皮膚炎と同じというわけではないようです。脂漏性皮膚炎、乾燥性皮膚炎、新生児ニキビ、あせもなどを含めて、だいだい生後6ヶ月まで見られる湿疹を総称して乳児湿疹と呼び慣わしています。但し、人によって定義が違うようですので注意が必要です。

 乳児湿疹の症状としては、紅斑、丘疹、水疱、膿疱、かさぶたが現れるなど、様々なものがあります。生後3週間から6ヶ月頃に、顔から胸にかけて、よだれ、ミルク、汗などによって汚れやすいところに発症します。
 そのため、ごしごしと擦って皮膚が傷つかないように注意して、授乳後に口の周りをふいたり、入浴の際に石けんで顔を洗ったりして清潔に保つことで治ってくることが多いです。
 また、赤ちゃんは皮脂の分泌がとても活発であること、赤ちゃんの皮膚は表皮や真皮が未発達で弱いことも原因と考えられます。

 免疫システムが成熟するにつれて、感作の正確性の向上、異物を必ずしも抗原として認識しない免疫学的寛容の獲得が赤ちゃんにも備わってくるのみならず、皮膚においても表皮や真皮が丈夫になってくることも、更には、脂質などの新陳代謝がだんだん正常化してくることも、生後6ヶ月以降、乳児湿疹が次第に治まってくる理由と思われます。
 次第に治ってくるとはいうもの、さまざまな事例があるので、症状に関して医師との相談は必要であると言えますので、独自の判断だけで対処するのは禁物です。

アトピー性皮膚炎に関して

 アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は、始めは区別がつきにくいですが、生後3ヶ月後でもかゆみを伴っての症状が出るようでしたら、アトピー性皮膚炎の可能性があります。
 アトピー性皮膚炎は、食物アレルギーと同様にI型アレルギーに属して、IgEという免疫グロブリンが肥満細胞の表面に結合した状態で、特定の抗原(アレルゲン)がIgEの抗原結合部位に結合するとそのシグナルが肥満細胞に伝えられ、その結果、肥満細胞が脱顆粒を起こして中からヒスタミンなどのケミカルメディエイターを放出し、炎症反応などを起こします。
 遺伝性な体質、および、皮膚の傷害によるバリア能の低下で抗原が表皮内に侵入してくることが、主要な原因になります。乳幼児に限らず、成人でもアトピー性皮膚炎は起こります。また、皮膚の傷害の原因としては、乾燥、化学物質、傷、摩擦、ハウスダストなどが挙げられます。

脂漏性皮膚炎に関して

 乳児湿疹の中にも含まれている脂漏性皮膚炎は、赤ちゃんだけではなく、成人にも起こります。赤ちゃんの場合は寛解していくのに対して、成人の場合はなかなか治らないケースもあります。皮脂の分泌の多い箇所で概して起こります。赤ちゃんの場合は皮脂が毛穴に詰まったりして起こりますが、脂質の新陳代謝が徐々に正常化して量が減っていくこと、および、毛穴が成熟していくことに伴って症状が治まります。
 一方、成人は思春期以降によく見られますが、マラセチアという顔や頭皮に常に存在している真菌が、皮脂を栄養源にして生じさせる代謝物によって炎症を引き起こすことが主な原因となっています。
 赤ちゃんの場合、定期的な検診があると思いますので、気になるようでした担当の医師に対処法などを聞いてみてください。

乾燥性皮膚炎に関して

 乾燥性皮膚炎は、乾燥が原因となる湿疹です。赤ちゃんの皮脂分泌が少なくなってくると、今度は逆に皮膚が乾燥してきて、その結果、皮膚のバリア能が低下して湿疹が生じることがあります。保湿クリームや乳液を塗ったりして、皮膚の乾燥を防げば、自然に治癒していきますが、素人の判断だけで対応しないことをおすすめします。

あせもに関して

 あせもは、首、背中、尻のように汗をよくかく場所に見られます。赤ちゃんも含めて一般的に赤い湿疹でかゆみを伴いますが、赤ちゃんでは透明や白色の場合もあり、これを水晶様汗疹と言い、かゆみは伴いません。また、汗が汗腺の中にとどまった状態で、黄色ブドウ球菌が繁殖して炎症を起こすこともあります。
 そのため、汗をかいた際は、そのままにしておくのではなく、清潔を保つようにするのが大事です。それから、赤ちゃんのあせもが、人によっては乳児湿疹に含められることもあります。

コルクマットに抗原性はなし

 さて、コルクマットの表面には撥水性のコルクが貼ってあるため、赤ちゃんの皮膚から水分を吸い取って乾燥させることはありません。また、検査機関の分析でも証明されているように、コルクマットの土台となっているエチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA)と表面のコルクを含めた全体から刺激性の化学物質は検出されていませんので、化学物質によって肌を刺激することもありません。
 従って、赤ちゃんにやさしいコルクマットと言うことができるのです。ですので、安心してお使いください。


コルクマット通販 トップ


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お役立ちの豆知識&プチ情報 (3)

その疑問、解決します (3)


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ