赤ちゃんの食物アレルギーが心配で、気になります

お悩み確認

 大切な赤ちゃんに食物アレルギーが起きることを心配している方、既に起きてお悩みの方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

赤ちゃんのアレルギー反応と食物アレルギーの発症機構

 食物アレルギー、接触性皮膚炎、乳児湿疹などが赤ちゃんのアレルギーとして代表的なものです。
 食物アレルギーは、食品に含まれるタンパク質が十分に胃や小腸で分解されずに、大きなペプチドのままとして吸収され、これが抗原(アレルゲン、ハプテン)となって引き起されるアレルギー症です。

 以前に任意の抗原を異物として生体が認識した際、ヘルパーT細胞を介してこの抗原を特異的に認識して結合できるようになったIgE(免疫グロブリンE)という抗体がB細胞より作られるようになります。このIgEが肥満細胞と結合した状態で、IgEの抗原結合部位に抗原が結合すると、そのシグナルが肥満細胞に伝えられ、活性化された肥満細胞は脱顆粒を起こして、中からヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエイターを放出します。
 そして、ケミカルメディエイターにより、アレルギー反応が惹起されます。食品アレルギーは、抗原の摂取からアレルギー反応の惹起まで時間が短いので、即時型アレルギーとも呼ばれる、IgEを介したアレルギーであるI型アレルギーに分類されます。

 免疫グロブリンの中でも、IgEは体内には極微量しか存在せず、本来は寄生虫に対して作用すると考えられていますが、公衆衛生が著しく改善されて寄生虫が体内にいなくなった現代人において、矛先を失ったIgEは別のものを抗原として認識するようになり、I型アレルギーのようなアレルギー反応を起こしてしまうのです。

食物アレルギーの症状と原因

 赤ちゃんのおよそ10人に1人が食物アレルギーであると言われていますように、赤ちゃんによく見られるアレルギーで、症状としては、じんましん、まぶたの腫れ、唇の腫れ、呼吸困難、嘔吐などが見られます。
 というのも、消化酵素の分泌や腸の蠕動運動などが不十分であったりして、赤ちゃんの消化能力は未熟で、食物由来のタンパク質をそれほど細かく切断できず、比較的大きなペプチドのままで小腸から吸収します。ペプチドとは、アミノ酸同士が2つ以上連なったポリマーで、タンパク質は更にペプチド鎖が伸長したアミノ酸ポリマーです。このペプチドは小腸から門脈という血管を通って肝臓に取り込まれ、そこから体循環の血流によって全身に分散していきます。一般的に、小さい分子よりも大きい分子の方が、異物として認識されて抗原となる可能性が高いです。

 更に、赤ちゃんの免疫システムは発展途上の段階で、免疫学的寛容と呼ばれる異物を抗原として必ずしも認識しないという仕組みが、通常作用してしかるべき食物由来のペプチドで作用しないことがあるのです。そのため、赤ちゃんの免疫システムにおいて、分解が中途半端なペプチドが抗原として認識され、食物アレルギーを引き起こすことになってしまうのです。

食物アレルギーの原因食物と対処方法

 鶏卵、牛乳、小麦、魚卵、魚類などが乳幼児における食物アレルギーの原因食物としてよく知られています。しかし、乳幼児の食物アレルギーは、成長するにつれて自然に治ることが多いです。これを自然寛解と言います。消化能力の向上、および、免疫システムが発展して免疫学的寛容を獲得することが理由であると考えられます。対照的に、成人してからの食物アレルギーは治りにくいです。成人では、小麦、魚類、エビやカニのような甲殻類が原因食物になっています。

 従って、赤ちゃんや幼児の食物アレルギーを未然に防ぐ方法は、同じ食品を連続して食べさせないこと、原因食物として知られている食品を食べさせる頻度を減らすこと、が挙げられます。
 既に食物アレルギーが発症してしまったら、その原因食物を完全に摂取しないという食物除去療法が大事であるとかつては考えられていましたが、現在では、症状が出ない範囲での摂取をするという食事療法が主流になっています。これは、原因食物を完全に摂取しない場合、体内に抗原となるペプチドがまったく存在しない状態になってしまい、この状態で新たに摂取し始めた際、体内に存在しない物質として、生体が異物として再度認識してしまうからであると考えられます。
 つまり、ピーナッツをまったく幼児と、ピーナッツを少しだけ食べる幼児では、前者のまったく食べない幼児の方が、ピーナッツに対する食物アレルギーになる傾向にある、ということと現象として同じと言えます。医師と相談して、治療に取り組むことが肝要です。

コルクマットに抗原性はなし

 さて、赤ちゃんの転倒による怪我の防止、および、寒さ対策として、弾力性と断熱性のあるコルクマットが床に敷かれます。その表面に貼られているコルクは、コルク樫の樹皮をなすスベリンとリグニンからなる高分子化合物です。また、その土台は、エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA)という樹脂で、チューインガムの基材になっていたり、歯磨き粉に含まれていたりするものです。
 ですので、これを間違って赤ちゃんが食べたとしても、食物繊維と同じように、腸で吸収されずに、そのまま排泄されるだけです。それ故、コルクマットは赤ちゃんにやさしい製品ですので、安心してお使いください。


コルクマット通販 トップ


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お役立ちの豆知識&プチ情報 (3)

その疑問、解決します (3)


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ