なぜ、収納ベッドなのか?

疑問確認

 ベッドにもいろいろ種類がある中で、なぜ、収納ベッドがよいのか、という疑問を持つ方がいらっしゃるようですので、それに答えたいと思います。

収納スペースを確保したいというニーズ

 ベッドは家具の中でも大きなものの部類に入ります。そのため、ベッドが寝室にあると窮屈に感じてしまい、このことがストレスになって心地の良い眠りが得られないことになります。
 それ故、この部屋に収納家具を置くことは更に圧迫感を増してしまい、物を片付けることによって得られるメリットが損なわれてしまいます。

 このような事態になるのは、日本の住宅事情に原因の1つがあります。というのも、日本の国土は山の多い島国であるため、建物を建てるのに適した平らな土地があまり多くはないということがあります。
 つまり、都市部では土地の確保が、物理的にも、金銭的にも困難になり、延べ床面積の狭い住宅が数多く建てられています。
 それに伴い、家の個々の部屋も狭くなってしまいます。
 その結果、部屋の中にたくさんの物を置けないという事態になり、家具も厳選して置く必要があります。
 そうなると、物を仕舞っておくスペースが充分に確保できないという状況も考えられます。
 それを解決するのが、収納ベッドなのです。

収納ベッドというもの

 文字通り、収納ベッドとは、収納を備えたベッドのことです。
 その収納は、ベッドの床板の下に位置しています。これは、通常のベッドとは少し性質が異なっており、むしろ、通常のベッドに付加価値が加えられたものと考えられます。
 収納のタイプは、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式に大別されます。簡単に、それぞれの特徴を以下に示します。

 引き出し式は、出し入れすることができる引き出しの中に物を仕舞うタイプになります。一番オーソドックスな収納ベッドと言えます。
 チェスト式は、いわゆるチェストの上にベッドの床板が位置する構造を持つタイプの収納ベッドになります。引き出し式の収納ベッドに更に引き出しが付いたものととらえることができます。その分、チェスト式の収納ベッドは、ベッドの高さが引き出し式のものよりも高くなっています。
 跳ね上げ式は、独特な構造を持つもので、ベッドの床板が上に持ち上がるタイプのものです。

 それ以外にも、収納ベッドにはさまざまな仕様が準備してあります。カラー、サイズ、高さなど、多くのものが設えてあります。

収納ベッドを利用した省スペース化

 いずれの収納タイプであっても、ベッドの中に収納スペースがあるので、狭い部屋であっても物が散らかることなくなります。
 その結果、雑多感で落ち着きがなくなる事態になることはなく、ベッドでの睡眠を心置きなく享受することができるのです。
 こうなると、深い眠りに入ることができ、心身ともに疲れを取り除けて、翌日の仕事や学業に専念して取り組むことが可能となります。

 そのため、収納ベッドはおすすめとなっています。これが、何故、収納ベッドが購入されるかということの理由であると言えます。

収納ベッドに仕舞う物

 実際に収納ベッドに収めるものは、入れっぱなしにしておく物はあまり適していません。というのも、寝ている間にヒトは汗をかくため、これが収納空間に湿気として移動して籠もってしまうことでカビが発生することがあるからです。
 従って、収納ベッドに仕舞う物は、利用頻度の高いものがふさわしいと考えられます。
 つまり、頻繁に開け閉めされるので、収納空間に湿気が籠もることなく発散されるのです。

 このように、収納ベッドに仕舞う物に関しては、何を仕舞うか考える必要があります。
 また、除湿材を中に入れることで乾燥した空間となるので、この場合、仕舞う物の選択肢は広がります。

脚のあるベッドの床板下の利用

 収納ベッド以外でも、収納のスペースを確保することができるベッドがあります。それは、脚の付いているもので、床板の下に空間に使っていないデッドスペースが存在しています。
 ここに、物を置くことができます。
 その方法としては、直置きというものもありますが、ホコリにまみれることになります。そこで、ケースのようなものを置いて、その中に物を仕舞うのがよいと言えます。

 自分でセッティングするのが面倒と感じるのであれば、予め標準で収納が付いている週のベッドがよいのではないでしょうか。

まとめ

 以上より、何故、収納ベッドが選ばれているのかの端的な回答は、物を仕舞えるスペースがベッドに内蔵されているので、狭い部屋であってもベッド周りに物が散らかることがなく、雑多感に基づくストレスから解放されるということです。
 これは、取りも直さず、狭い空間を効率よく利用していることにもなり、省スペース化が実現しているのです。
 従って、延べ床面積が限られている日本の住宅にあって、必然的に収納ベッドが求められていることにもなります。
 それでは、物を仕舞うことができる収納ベッドを部屋に置いて、雑多感のない睡眠空間を創出してください。

関連記事

準備中
収納ベッド通販 トップページ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ

支払い方法について

領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」をご覧ください。

配送について

配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
配送業者について
商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。
商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。
配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
※ただいま海外への出荷は承っておりません。
出荷目安について
出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。
※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の15:00まで(一部商品は平日14時、又は平日15時まで)の注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。