日本製の信頼できる収納ベッドは販売されていますか?

■日本製の信頼できる収納ベッドは販売されていますか?■

 

▪疑問確認▪

収納ベッドはやはりどこの国で造られたかが気になるので、日本で造られたものはありますか、という疑問を持つ方がいらっしゃるようですので、というそれに答えたいと思います。

 

▪狭い日本の住宅

世界的にも日本の住宅は狭いことはよく知られており、ウサギ小屋などと冷やかされています。

というのも、島国であるばかりでなく、山の多い地形であるため、建物を建てるのに適した平らな土地は沖積平野を中心とした限られた区域しかありません。

そのため、人口の多い都市部では、住宅の延べ床面積が狭くならざるを得ません。それに伴い、長い時間を費やすことになる寝室も狭小空間となっています。

従って、このような寝室にベッドを置こうものなら、もう別の家具を置くことはできない事態になることが往々にしてあります。

こうなると、月日を経るにつれて、部屋の中が物で溢れていくことになりかねません。その結果、雑多感のもたらすストレスによって心地よい眠りに入るための速やかな就眠が妨げられてしまいます。

そのため、寝室を快適な環境に維持するための工夫や対策が求められるのです。

 

▪収納ベッドというもの

狭い寝室を有効に空間利用することができるためのアイテムとして人気を博しているものが、収納ベッドというものです。

この製品は、文字通り、収納付きベッドのことです。そのため、部屋が物で散らかることがなくて済みます。

その収納スペースはベッドの床板下に設けられていて、通常のベッドよりも構造がその分、複雑になってきます。そのため、ここがメーカーの腕の見せ所となっているのです。

 

収納の様式としては、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式が採用されています。また、場合によって、ヘッドボードに宮と呼ばれる棚が設えてある仕様もあります。

家具で複雑さの増したものは、極めてシンプルな造りのものに比べて壊れる可能性も増してきます。

従って、収納ベッドを選ぶ際には安全で、高品質のものを選びたいものです。

 

▪JISマークの付いた製品

国家規格であるJIS規格の中で、収納ベッドは、住宅用普通ベッドを規定するS1102というJIS規格で規定されると考えられます。

そのため、JISマークの付いている収納ベッドは、安全性と品質がとても優れていると言えます。

 

しかしながら、現在、流通している収納ベッドそのものにJISマークの付いているものはほとんどありません。

強いて言えば、木材のように原材料がそれを規定するJIS規格に適っていて、それに対するJISマークが付いているものは確かに存在します。

そこで、JIS規格とは別の指標を参考にして、収納ベッドの善し悪しを判断する必要があるのです。

 

▪信頼の置ける製造国

Made in Japanという表示の信頼は、世界的に紛れもないものとなっています。このような信頼は長年に渡って培われたもので、日本製品の安全性と品質の高さがを如実に実証するものです。

そこで、日本で製造された収納ベッドを選ぶという方法は、とても理に適っていることです。

実際、市販されている収納ベッドの中には、国内の老舗ベッドメーカーで造られているものがあります。そのため、信頼を置くことができるのです。

 

▪メーカーによる第三者機関への評価依頼

JISマークがついていなかったり、日本国内で製造されたものでなかったりする収納ベッドはたくさんあることは事実です。

このようなものに対して、どのように安全性と品質を見極めればよいかが重要となります。

その手段としては、メーカーが第三者機関に安全性や品質に関して評価試験を依頼している場合、その試験結果の報告書は、判断材料にあります。

 

また、中国製のフレームであっても、日本のSG規格の認定を受けている工場で生産されている収納ベッドも存在します。特に、シックハウス症候群の原因物質の1つであるホルムアルデヒドに関しては判断基準になると考えられます。

 

中国製やベトナム製などの収納ベッドがありますが、年々、これらの国々は、工業製品の安全性や品質のレベルを上げてきています。

従って、第三者機関の評価結果を合わせて参考にすることで、より確実に優れた製品を選び出すことが可能となるのです。

 

▪口コミも情報源の1つ

昨今の商業形態として、ネット通販はとても大きな市場を持っています。そのため、商品ページを見ると、口コミが掲載されていることが少なくありません。

そのため、これらの口コミに書かれていることも、収納ベッドを選ぶ際の参考になります。

但し、どの製品にも当てはまることですが、このような口コミはサクラが書き込んでいることもありますので留意することが肝心となります。

 

▪まとめ

以上より、収納ベッドには日本製のものもあります。そのため、国際的に極めて信頼度の高い日本製であるということを頼りにして、収納ベッドの安全性や品質がある程度保障さていると考えても間違いではありません。

JISマークのないもの、日本製ではないものでも、メーカーが第三者機関に評価試験を依頼している場合は、その検査結果も参考になります。また、日本製でも、このような検査がなされていれば、なおのこと、安心することができます。

それでは、安全性と品質に優れた日本製の収納ベッドを購入して、安眠を堪能してください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。



 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です