反対側に収納ベッドの引き出しがあればいいのに

■反対側に収納ベッドの引き出しがあればいいのに■

▪お悩み確認▪

ヘッドボードの向きが変えられないようなときに収納引き出しが反対サイドで使えればいいのに、その悩みを解消したいと思います。

 

▪日本の住宅事情▪

日本の都市部は、人口が密集していること、および、平坦な土地が少ない国土であることにより、住宅の延べ床面積が狭くなっています。

とりわけ、集合住宅では戸建てに比べて狭くなっています。そして、アパートやマンションに賃貸として住んでいる人達の中には、ワンルームという広さであるということも珍しくありません。

 

それに伴って、長時間居室することになる寝室も狭小となっている状況です。

こうなると、ベッドを置いてしまうともう別の家具を置くことが困難な場合も多くあると考えられます。

強行して収納家具を置いてみた際、窮屈という形容以外の表現がなるほどの狭さになります。

他方、収納家具を置かないでいるにしても、やがて、寝室が雑多な物で散らかる可能性もあります。

こうした状態では、いずれのケースでも、圧迫感に起因するストレスを感じてしまい、大切な深い眠りを享受することが難しくなります。

従って、寝室を整然として使うことが大事になります。

 

▪収納ベッドというアイテム▪

昨今、人気を博しているベッドとして、収納ベッドが挙げられます。

これは、文字通り、収納スペースが備わっているベッドのことです。その開発コンセプトは、狭い寝室でもベッドに内包させた収納に物を仕舞うことによって部屋が片付くということです。

 

こうして部屋が片付くことで、部屋がこぎれいになり、雑多感がもたらすストレスが生じません。

その結果、リラックスすることで、大事な入眠が容易になり、そして、深い眠りを実現することが可能となるのです。

最終的には、心身の疲れが眠りによって回復するため、仕事や学業が効率的に対処できます。

このような理由により、収納ベッドが人気となっています。

 

▪収納方法の種類▪

収納ベッドの収納スペースに物を仕舞ったり、そこから出したりする方法には、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式があります。

これらの全てが、ベッドの床板の下に収納空間が位置しています。そのため、省スペース化が図られているのです。

 

収納方法の中で、引き出し式やチェスト式は、引き出しを手軽に引き出すことで容易に物が出せます。場合によっては、ベッドの上にいながら、手を伸ばして引き出しから物を取り出したり、仕舞ったりすることが可能です。

従って、引き出し式やチェスト式は、手軽に収納スペースを利用することができるため、おすすめとなります。

 

▪既存の間取りの受け入れや対応▪

建て売りの住宅であったり、既に建物が存在している賃貸物件であったりする建物の部屋は、既に間取りが決まっています。

つまり、ドアや窓、コンセントや照明というものの位置がもう定まっています。そのため、これに従って、家具の配置などを行う必要があります。

 

従って、運が良くないと、既に持っている家具が使用不可となってしまいます。このような事態を想定した造りや工夫が設けられていると、新たな住宅の間取りにも対応することができます。

実にフレキシブルな対応をする機能的な家具です。1つの家具を長く使うことができるので、まさにエコロジーであると言えます。

こういう観点で、インテリアや家具を選ぶことは、この時世にとって好ましいことであると考えられます。

これが、収納ベッドで可能なのです。

 

▪引き出しの位置の変更▪

新しい生活を送る住宅の間取りが、今まで住んでいたものと全く同じであることはまずありません。そのため既に持っている家具がそのまま使えるとは限りません。

間取りの変更に伴って、収納ベッドの引き出しを引き出すスペースがなく、反対のサイドであれば引き出すスペースが確保できるという場合があります。

このようなとき、引き出し式であれ、チェスト式であれ、望みの側に引き出しを付け替えることが可能なのです。

収納ベッドは、間取りの状況に応じて対応することができるインテリジェントな家具であることが分かります。

おすすめなのも、納得です。

 

▪自分で組み立てるのが一般的▪

収納ベッドは価格を抑えるために、家賃や人件費のかかる実店舗ではなくて通信販売での購入が多くなっています。

それだけではなく、組み立て作業の人件費も省くために、購入者自ら組み立てるという形式が一般化しつつあります。

このような努力によって、収納ベッドの値段はとてもリーズナブルなものとなっており、充分に手の届くものとなっています。

 

組み立てを任せるからには、簡単に組み立てられるような仕様となっており、また、そのための説明書も充実した内容となっています。

 

逆に、簡単に組み立てられることは、解体や分解もそれほど苦もなく行えることがほとんどです。

これにより、引っ越しや廃棄のときに解体や分解することが容易に達成されます。

ましては、引き出しの付いているサイドを入れ替えることも実行することも難しくはないと言えます。

 

▪引き出しを外しての使用▪

引き出すスペースがないという状況に対して、サイドの変更以外にも別の対処方法があります。

それは、引き出しを外して、引き出しのない空間として物を置く方法です。

これならば、引き出しという容積の決まった場所に収まらない物も収まる可能性があります。

 

▪まとめ▪

以上より、間取りの変更に際して、予定している箇所に置くと収納ベッドの引き出しを引き出すスペースがないということが起こり得ます。

このような状況に対して、収納ベッドは、引き出しを付ける位置を反対サイドに変更することができるのです。実に、融通の利くベッドであると言えます。

それでは、寝室の間取りに合わせて引き出しの付ける方向を決定し、こぎれいな室内を実現してください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。




 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です