布団を収納ベッドに敷けたらいいのに

■布団を収納ベッドに敷けたらいいのに■

▪お悩み確認▪

収納ベッドにマットレスではなくて、布団を敷いて使うことができればいいのに、という悩みを抱いていらっしゃる方がいるので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪狭い日本の家

山間地が多く、平野となっているところがあまりないため、日本の住宅は宅地の確保が困難となっています。特に、人口密集地帯である都市部では住宅の延べ床面積が狭くなっています。

そのため、眠りの空間である寝室も広いとは言いがたいほどの狭さになります。このような部屋にベッドを置くと、それだけでかなりの場所を占められてしまいます。

殊に最近は、生活スタイルが西洋化しており、床材はフローリングで、寝床はベッドということが珍しくなくなりました。

しかし、ベッドを狭い寝室に置くことで、それ以外の家具は置くことが難しくなります。こうなると、収納家具がなくてベッドだけの空間は、やがて雑多な物で溢れる可能性があります。

こうなると、気持ちが落ち着かなくなり、深い眠りが得られなくなってしまいます。

そこで、リラックスできる寝室を創出することが求められます。

 

▪収納ベッドというもの

ベッドにはいろいろな種類がありますが、その中で収納ベッドが人気を集めています。その名の通り、収納が備え付けられているベッドです。

そのため、狭い寝室に置いても、収納に物を仕舞うことができるので、室内がとても片付きます。その結果、雑多感によるストレスを感じることがないので、心地よい眠りを得ることができます。

このため、収納ベッドはよく購入されているのです。

 

▪布団が廃れない理由

いくら西洋化の生活スタイルが浸透したといっても、日本の住宅が狭いという事実が変わりません。そのため、寝るときは敷いて、起きているときは畳める布団が今でもよく使われています。

しかし、西洋式の生活に好まれる床材であるフローリングでは、ベッドが使われることが多くなっています。

ところが、ベッドの上に布団を敷いて寝たいと考えている人達は少なからず存在しています。

 

収納ベッドの帰属する住宅用普通ベッドが規定されるJIS規格であるS1102によれば、住宅用普通ベッドのう構成要素として、マットレスとそれを支えるフレームと定められています。

従って、収納ベッドは、JIS規格の定義に従えば、マットレスを使うことが正当となります。

実のところ、布団でも使用できる収納ベッドが提供されているのです。これならば、和のもたらす癒しもさらされることになり、部屋が広々としていることと合わせて、とてもリラックスできます。

これで、心身の疲労が深い眠りによって回復され、日常の生活にも活力が出て来ることになります。

 

▪布団の方が様(さま)になる収納ベッド

収納ベッドにもさまざまな仕様が造られていますが、とても興味深いものとして、床板が畳になっているものがあります。

従って、わざわざ畳の上に、常時敷いたままになるマットレスを敷く人はいないと考えられ、布団を敷いて寝ると言えます。雑魚寝の人もいないと思われます。

こうして、収納ベッドでも布団の方が見栄えや実用性にまさる仕様のものが存在するのです。

 

畳に使われているイグサからもたらされる香りにも、癒やしの効果があります。また、吸湿性にも優れていて、室内が乾燥した際には畳から水分が放散されて湿度コントロールにも寄与しています。

実に心地よい空間が創出されるのです。

 

▪マットレスも布団も両方可能

収納ベッドには、マットレスだけではなく、布団も使用可能なものも用意されています。従って、好みに合わせて使い分けることが可能となっています。

しかし、スプリング式のマットレスと布団では、厚みが違うため、そのまま、互いに移行すると慣れるのに暫く時間が掛かるかも知れません。

 

また、布団を上げた際、狭い寝室では仕舞う場所がないと考えられます。そこで、収納ベッドの収納スペースに収められるような仕様を選ぶことがおすすめとなります。

実際、マットレスも布団も使える仕様の収納ベッドは、内蔵された収納スペースに布団が仕舞えるように設計されているものもあります。

そのため、布団のような大きな物を収められるような空間を確保するには、跳ね上げ式の収納ベッドが適しています。

 

▪布団でも湿気対策が必要

布団は万年床として敷きっぱなしにしていると、寝ている間にかく汗による湿気が籠もって、カビやダニが発生することにもなりかねません。

そのため、こまめに布団を上げることが求められます。これによって、風が当たることで湿気が飛ばされることになります。また、床板下の収納を頻繁に開け閉めすることで、収納に籠もった湿気も飛ばされることになります。

 

▪まとめ

以上より、収納ベッドには、布団とマットレスの両方が使える仕様のものがあります。布団を使う場合、湿気対策のためにもこまめに上げる必要があります。そして、布団を仕舞う場所として、収納ベッドの収納スペースが実利上、適しています。

また、床板が畳になっている収納ベッドもあり、これこそ布団を敷くのに適しています。

布団の効果として、日本人の持つ深層の部分に触れる結果、とてもリラックスすることができ、安眠を得ることが可能となります。

それでは、収納ベッドの上に布団を敷いて、狭い寝室で快適な眠りを享受してください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です