家族では手狭なので話題の収納ベッドはどんな具合ですか?

■家族では手狭なので話題の収納ベッドはどんな具合ですか?■

▪疑問確認▪

1人や2人と違って、子どもが生まれると狭い家がもっとスペースがなくなったようで、狭い部屋に有効という収納ベッドがどのようなものなのかしら、という疑問を持つ方がいらっしゃるようですので、それに答えたいと思います。

 

▪戸建てでも狭い日本の都市部の住宅▪

日本は海に囲まれた山の多い島国です。そのため、宅地にするのに適した平地があまりなく、人口密集地域では土地が不足しています。

その結果、住宅の延べ床面積が狭くなっています。とりわけ、アパートやマンションのような集合住宅は戸建てに比べて狭小になっています。

 

それ故、家の中で重要な空間である寝室も、必然的に狭くなってしまいます。

このような状況では、心身の疲れを取るのに必須となる眠りの質がよくなくなってしまいます。これでは、起きているときの業務や勉学に支障を来してしまいます。

そこで、狭い寝室であってもその狭さを克服して快適に過ごせる工夫や対策が大切になります。ましては、1人暮らしではなく、ファミリーのように複数人数で生活している場合は急務であると考えられます。

 

そのヒントを、収納ベッドを取り挙げて考察してみたいと思います。

 

▪1家庭当たりの子どもの平均人数▪

合計特殊出生率は、女性が生涯に生む子どもの人数を示した統計指標のことです。

少子化が進んでいる日本では、平成27年(2016年)では1.45、平成17年(2006年)では1.32という値でした。これは将来的な人口減を予想させる結果ですが、だいたい、1家庭当たりの子ども数は、1人か2人がほとんどであると言えます。

従って、子どもが1人、または、2人というファミリーを想定した議論で実質的に完結すると考えられます。

 

家族の寝る場所を考えるに当たって、夫婦2人と、子ども1人、または、2人という構成で考察すればよいことになります。

 

また、厚生労働省の「平成22年度「出生に関する統計」の概況」によれば、第一子と第二子の年齢差は、平均して2.0歳であることが分かっています。

 

▪収納ベッドというもの▪

家族という人数構成に関わらず、単身者や夫婦にとっても、一般的に、収納ベッドは寝室が物で散らかることが避けられるので、とても重宝されています。

その理由は、名前が示すように、ベッドに収納が備え付けられているため、そこに物を仕舞うことができるからです。

つまり、寝室にわざわざ収納家具を置かなくとも、収納ベッドで事足りることになります。その結果、省スペース化が実現されて、部屋を有効活用することが可能となります。

 

▪ワイドサイズの収納ベッド▪

収納ベッドのサイズには、通常のベッドと同じように、シングル、ダブル、セミダブルなどの大きさが造られています。

そして、家族が川の字となって寝ることができる幅のサイズを持った収納ベッドも用意されています。

それが、ワイドサイズになります。

具体的なサイズとしては、220 cmから300 cmまでのサイズが用意されています。

これだけの幅があれば、家族揃って川の字のように寝ることが充分可能となります。

 

また、概して、引き出し式の収納であるので、ベッドの高さもそれほど高くなっていません。そのため、子どもがベッドの上から転落して床に落ちたとしても、大怪我には至らないと考えられます。

1例を挙げると、ベッド床板から床までが26 cmで、マットレスの高さが16 cmから17 cmであるので、合わせて高々43 cmの高さとなります。

 

▪セパレートのワイド収納ベッドの行く末▪

ワイドサイズの収納ベッドは、やはり幅が広いです。そのため、子どもが成長してもはや川の字で寝ることが不可能となった場合、その扱いに困るのではない思う方もいるはずです。

ところが、ワイドサイズの収納ベッドは、シングルやダブルという小さめのサイズのものを組み合わせて幅を広くしています。

そのため、これらを解体して、個別の収納ベッドとして使うことができます。そして、連結がとてもしっかりしているので、並べて使っても間に隙間が生じたりすることはありません。

これならば、子どもの成長に合わせた計画を事前に建てることで、収納ベッドとの賢い付き合い方が実行することが可能となります。

ベッドの廃棄などをすることもなくなり、長期間に渡って使用するので、とてもエコロジーです。また、余計な出費もないので、家計も助かり、教育費等にお金を回せます。

従って、収納ベッドは、省スペース化以外にもさまざまメリットがあるので、とてもおすすめです。

 

▪まとめ▪

以上より、収納ベッドは、内蔵された収納に物が仕舞えるため、手狭な寝室が物で溢れることがなくなります。そのため、とてもリラックスして快適な睡眠をとることができます。

そして、子どもが増えた際にも収納ベッドは大活躍します。つまり、ワイドサイズの仕様があるので、家族揃って寝ることが可能となります。

これは実に嬉しいことではないでしょうか。

また、子どもが成長して大きくなっても、ワイドサイズの収納ベッドは使い続けることが想定されています。

実はシングルやダブルという小さなサイズのものを連結したものであるので、その連結を外して、個々の収納ベッドとして使うことができるのです。

従って、ワイドサイズの収納ベッドは、極めて多機能なベッドであることが分かり、ファミリーにおすすめなもの頷けます。

それでは、ファミリーで収納ベッドを活用して、部屋を広々と使って睡眠ライフを満喫してください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です