引き出し式の収納ベッドの良い点と悪い点

■引き出し式の収納ベッドの良い点と悪い点■

▪収納ベッドが受け入れられる背景▪

日本の住宅は、一般的に狭い傾向があり、とりわけ、人口が密集している都市部では、地方や郊外に比べると更に狭くなっています。

更に、戸建てよりも集合住宅の方が延べ床面積は狭くなっています。

それに伴い、多くの時間を費やすことになる寝室の広さも狭小になってしまいます。

 

理想的な熟睡を得るには就眠がとても大切になります。

そのためには、ベッドを置くことで、ただでさえ窮屈になる状況において、これ以上、ストレスを感じさせることがないように心掛ける必要があります。

 

新たに収納家具を置いたりすると圧迫感を感じることになります。さりとて、収納家具を置かずにいると、物が寝室に溢れてしまうことになり、雑然とした感じになります。

このような事態にならないためのアイテムが、収納ベッドというものです。

 

その名称が暗示するように、ベッドの中に収納スペースが設えてあるのです。そのため、ここに物が収まるので、寝室が物で散らかることがなくなり、とてもリラックスした状態でいられるのです。

こうして、収納ベッドは、とても人気となっています。

 

▪収納方法▪

寝室を広々として使うことができる収納ベッドの収納方法には、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式が採用されています。

その中で、もっとも簡単な形式であるのが、引き出し式であると言えます。

ベッドの床板の下に引き出しが付けられていて、これを開閉することで物を出し入れするのです。これは、脚のあるベッドの床板下の空間に、衣装ケースのような収納に物を入れておくことと基本的には変わりませんが、一体化している点は特徴的です。

 

そこで、収納ベッドにおいて、引き出し式タイプのメリットとデメリットに関して考察してみたいと思います。

 

▪引き出し式のメリット▪

ベッドの下に引き出し式の収納があるということは、欲しいときに直ぐに物が取り出せるという利便性が最大のメリットです。

極論すれば、ベッドの上に載った状態でも手を伸ばせば、引き出しが開けられ、そして、物を取り出すことができるのです。

これは、ベッドの脇にあるサイドテーブルやサイドチェストを、いわば、物を置いておくということに関して、および、ベッドの上にいながら物が取れるということに関しては、同じ事象であるととらえることができます。しかも、寝室は広々としているのです。

 

また、ヒトが寝ている間にかく約200 mLにもなる汗が寝具に籠もることでカビが発生することの原因となります。こうなると、カビの胞子がアレルゲン(抗原)となってぜんそくなどのアレルギー症状が起こることがあります。

それ故、汗の問題をそのままにしておくことができません。

しかし、引き出し式の収納ベッドは、床板の下に引き出しが位置しています。しかも、多くの収納ベッドは、床板の底面と引き出しの間には仕切りがない仕様となっています。

つまり、湿気が引き出しの下に降りてきて、この中に停滞することになります。特に、床板が「すのこ」となっているものは、その隙間から湿気が引き出しの中に効率的に移動していきます。

引き出しの中に籠もった湿気は、引き出しを開け閉めする際に、室内に放散されます。その結果、カビが生えにくくなります。更に、引き出しの中に除湿剤を置くことで、効果的に湿気を除くことができます。

これも、引き出し式の大事なメリットであると言えます。

 

 

▪引き出し式のデメリット▪

収納ベッドの引き出しがサイドボードにあることで、単にベッドが置けるスペースを確保するだけでは不充分となります。つまり、引き出しを引き出すだけのスペースも合わせて確保しなければならないのです。これは、引き出し式のデメリットとも言えます。

 

また、ベッドの下となっている床面を掃除したい場合、引き出しを丸ごと引き出さなければいけません。これは、脚の付いている通常のベッドに比べれば、メンテナンスが少し大変になります。

逆に、引き出しを全部出すことで、普段は隠されている床面が見えることは、実は、掃除機のホース先端を中に入れれば、ホコリなどのごみを吸い取れるので、メリットととらえることも可能かも知れません。

 

それから、引き出しをずっとそのままにしてくと、上述の理由でカビが中に生えてしまいます。こうならないためにも、頻繁に出し入れするような物を仕舞っておくことが賢明です。

 

▪まとめ▪

以上より、部屋の省スペース化が図れる収納ベッドにおいて、引き出し式は最もオーソドックスな仕様です。

ベッドのサイドボードに引き出しが付いているので、ベッドの上にいながら手を伸ばせば、引き出し内の物を取り出すことが可能なのです。これは素晴らしいメリットではないでしょうか。

また、ベッドに付随する汗による湿気問題ですが、引き出し内に籠もった湿気は、開閉によって室内に蒸散していくのです。

しかしながら、引き出しを引くことができる空間が必要となります。これを考慮すれば、敷きだし式の収納ベッドに致命的な欠陥はないと考えられます。

それでは、引き出し式の収納ベッドを寝室に置いて、快適な安眠ライフを手に入れてください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です