強度が収納ベッドでは気になります

■強度が収納ベッドでは気になります■

▪お悩み確認▪

収納ベッドの床板が抜けたり、サイドボードが壊れたりしないか気になります、という悩みを抱いていらっしゃる方がいるので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪狭い寝室で好まれる収納ベッド

日本の住宅密集地域における家の狭さは世界的にも有名です。特に、3階建てが可能な戸建てよりも集合住宅の方が事態は、深刻であると言えます。

それに伴い、人生の多くを過ごす寝室も狭くなってしまいます。このように広くはない部屋にベッドを置くと、それだけで室内がいっぱいになることもあります。

そのため、他の家具を置くことは難しいと思われ、収納家具の設置は諦めることになります。その結果、仕舞う場所のない物が寝室に溢れてしますことになります。

 

これでは、長い時間を費やすことになる寝室が雑然としてしまい、気持ちが落ち着かなくなって、就眠に支障を来します。

そこで、受け入れられているものが収納ベッドなのです。

 

名前が示すようにベッドに収納が備え付けられていて、そこに物を仕舞えます。部屋が雑然とすることなく、広々と使えるため、とてもリラックスした状態になります。

従って、収納ベッドにより、深い眠りを享受することが可能となるのです。

 

▪ベッドの床板の抜け事故

時事通信(2009年7月10日配信)によれば、二段ベッドの上段の床板が抜けたことによる落下事故が経済産業省によって報告されています。

従って、二段ベッド以外でも、ベッドの床板が抜ける可能性が存在していることがうかがわれます。

そのため、省スペース化によって安眠ができたとしても、床板が抜けるようでは困るので、耐久性に優れた収納ベッドが求められます。

 

▪JIS規格による規定

収納ベッドは、住宅用普通ベッドに構成上、属していると考えられます。従って、住宅用普通ベッドを律するS1102というJIS規格で規定された床板やフレームの試験方法が適用されることになります。

すなわち、JISマークの付けられている収納ベッドは、床板やフレームの強度試験をクリアしていることになります。

しかしながら、収納ベッドでJISマークの付けられている製品はそれほど多くはありません。

それに対して、付属しているマットレスに対してJISマークが付けられている製品は割と存在します。とはいうものの、これでは、床板やフレームの強度を保障していることにはなりません。

 

▪耐荷重性に優れた収納ベッド

ベッド本体に対してJISマークの付いている収納ベッドに巡り会えることはあまりなあいようです。

従って、ベッドの床板やフレームに関して、別の判断基準が求められます。

 

メーカーが独自に実施している試験が、参考になります。競合他社に勝って製品を販売することが自由経済において企業に求められていることです。そのため、メーカーは自社の製品価値を上げるために強度試験などを第三者評価機関に依頼していることがよくあります。

 

収納ベッドの中には、床板が600 kgの負荷に対して耐え得るものが造られています。これならば、マットレスや人が載っても、床板やフレームは問題ないと言えます。

この製品の実際の試験内容は、JIS規格に準じたもので、床板中央部分に約1,200 kgの荷重を30分間掛けるというものです。そして、この試験に合格しているのです。

 

▪安心できるメーカーや販売店からの購入

製品の全てが強度試験を実施しているということはないと考えられます。

こうなると、後は、メーカーや販売店の信用が判断材料になります。

 

日本製の収納ベッドであれば、やはり安心できます。また、販売店も誠実な商売をしているところを選びたいものです。実店舗で実際の製品と対面できるのであれば、実践するべきです。

また、判断の材料となるものが、口コミです。その内容を読んでみて、製品の実態を探ることも大切です。

 

▪常識的な使い方の励行

いくら耐久性に優れた収納ベッドだからといっても使い方には気を付ける必要があります。

ベッドの上で跳ねたり、飛んだりして、床板やその他のパーツに余計な負荷を掛けないことが収納ベッドを長持ちさせる要因となります。

そして、スプリング式のマットレスの寿命も長くすることができます。また、マットレスの寿命を長持ちさせるコツとして、上下や裏表を入れ替えるローテーションをすることで、バランスよく体重の負荷がかかることで変形を防ぐことができます。

 

▪まとめ

以上より、ベッドの床板が抜ける事故はなくもありません。そのため、収納ベッドの床板やフレームが丈夫なものを選んで使いたいものです。

その判断基準になるのが、JISマークの有無ですが、必ずしも全ての収納ベッドに付けられているわけではありません。

そこで頼りになるのが、メーカーが第三者機関に依頼して強度試験の結果、メーカーや販売店の信用度、口コミになります。これらを基準に判断することが可能です。

それでは、破損事故のリスクの少ない収納ベッドを採用して、杞憂のない睡眠ライフを手に入れてください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です