和室で収納ベッドを使いたいです

■和室で収納ベッドを使いたいです■

▪お悩み確認▪

収納ベッドを和室で使いたいのですが、というお悩みを持った方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪西洋化する日本のライフスタイル▪

畳の上に直に座るのではなく、椅子に座る生活が日本でも普及しています。このような西洋式の生活を快適に送るために、床材としてフローリングが一般化しています。

そのため、ベッドを置いて寝ることも機能的に実践することができます。

重いベッドも堅いフローリングが支えることができます。また、容易に動かすことができないベッドの下も、フローリングであれば簡単に掃除することが可能です。

 

とはいうものの、完全には畳文化が廃れたわけではないため、畳の上にベッドを置いて睡眠を取りたいという欲求は存在しています。

 

▪収納ベッドという西洋家具▪

狭い日本の住宅では、省スペース化を実現する家具が好まれて使用されています。その例が、収納ベッドというものです。

その名のように、ベッドに収納が備え付けられたものであるため、狭い寝室でも物を効果的に仕舞うことができます。その結果、省スペース化が達成され、広々と部屋を使うことができます。

それ故、雑多感から解放され、リラックスした状態で睡眠を取ることができるのです。

しかしながら、西洋式の寝具アイテムである収納ベッドは、フローリングのような堅い床に据えることで、安定した状態で置くことができます。

 

▪収納ベッドの和様化▪

収納ベッドにはさまざまな仕様が設けられています。

その1つとして、デザイン的に和風を折り込んだものです。つまり、床板が畳となっているものです。これならば、畳の上に寝ているのと変わりがありません。

 

畳の上にベッドを置くこともよいですが、フローリングの上に畳の床板を持つ収納ベッドを置くという方法で、和を充分に感じながら寝ることが可能です。まさに発想の転換です。

しかし、フローリングに和様収納ベッドを置いて、和室の印象を感じるには、更なる工夫が必要になると考えられます。囲いのない床の間である織部床に掛け軸を掛けたり、和の置物を置いたりして、演出することが必要です。

そのため、畳のある部屋に収納ベッドを置くことにこだわることも、やはりニーズとして存在しています。

 

 

▪高齢化社会での精神的安寧▪

西洋化が進んでいるとは言え、現在の高齢者が幼い頃や若い頃は、まだ畳が一般的な床材として使われていました。

また、和の物が日本人にとって心地よいものであることは、誰しも認めることだと思います。

従って、高齢者が畳のある部屋で寝ることは、とても心地のよいことであると言えます。腰の高さを考慮すると、和室にベッドを置いて寝起きすることは、身体の負担を軽減することになります。

そして、収納スペースが備えられた収納ベッドであれば、物をそこに仕舞うことができるので、必要な物が身近に備えることができるのです。これは、わざわざ別の部屋に物を取りに行く手間も省けるだけでなく、寝室としている和室が物で散らかることがないので、リラックスした状態を保つことができます。

 

▪畳の上に収納ベッドを置く際の注意▪

畳の上に重みのある家具を置くと、畳が凹んでしまうことがあります。とりわけ、脚付きの家具はまず間違いなく長期間の使用で畳が凹むと考えてもよいと言えます。

 

収納ベッドのほとんどのものは、床板下が収納スペースとなっています。そのため、脚付きというよりも、サイドボード、ヘッドボード、フットボードのようなフレームで重みを支える構造となっています。

 

従って、収納ベッドのフレームと畳が接している箇所が凹んでしまう可能性があります。そのため、このフレームと畳の間に、もう少し幅のある板状のものを挟んでおくことで、畳の凹みを防ぐことができます。

また、これにより、収納ベッドと畳の間に僅かな隙間が形成されて、その分、畳に湿気が籠もり難くなります。そのため、挟み込むものが間隔をあけて置くことで、効率よく湿気を逃がすことができます。

 

▪琉球畳の普及▪

最近の住宅では、通常の畳ではなく、琉球畳の和室が普及しています。琉球畳は、縁のない正方形の畳で、自由に敷き詰めることができます。

そのため、ジョイントマットやコルクマットのように、琉球畳でも傷んだ箇所だけ、新しいものと交換することが容易に行えます。

また、和室に割り当てられる広さもそれほど広くないので、縁のある畳よりも加工が少し難しいためにやや割高となる琉球畳でも、価格的に許容できると考えられます。

それでも、高いと感じるのであれば廉価品もあるので、これを用いるということで解決されます。

 

それから、ベッドのある箇所はフローリングで、その周りに自在に敷くことが容易な琉球畳を敷くという方法もあります。

これならば、畳が収納ベッドの重みで凹むことはありません。

 

▪まとめ▪

以上より、和室で収納ベッドを使いたいというニーズは確かにあります。その方法には、大まかに2つの方法がそんざいします。

まず、和室を代表するアイテムである畳の上に収納ベッドを置くというものです。しかし、畳の上に直に収納ベッドを置くと、畳に凹みが生じてしまいます。そのため、畳とベッドの接する箇所に板状のものを挟むなどの対処が必要となります。

また、堅いフローリングの上に収納ベッドを置いて、その周りに琉球畳を敷くというやり方もあります。

それから、和風の収納ベッドを置くことで、和を演出して和室化するというものです。更に、和のアイテムを寝室に取り込むことで和室として感じることができて、とても気持ちが和んで安眠を得ることができます。

それでは、和室に収納ベッドを置いて、和みの空間での安眠を享受してください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です