跳ね上げ式の収納ベッドの良い点と悪い点

■跳ね上げ式の収納ベッドの良い点と悪い点■

▪非常に狭い寝室の理想的な姿▪

人生の3分の1というとても長い時間を寝て過ごすことになる部屋は、ベッドが置かれたり、布団が敷かれたりする寝室になります。

しかしながら、平らな土地があまり多くない都合上、日本の住宅は延べ床住宅が狭くなっています。この問題は、人が密集している都市部では、地方や郊外に比べて統計的にも顕著となっています。

更に、集合住宅では、戸建てよりも延べ床面積が狭くなっています。

 

従って、このような住宅の中に存在する寝室も極小な空間となってしまいます。これは、睡眠という不可欠な行為を実行する場所としては、いささか適したものとは言いがたいです。

しかし、やむを得ないことであるため、受け入れなければいけません。そこで、狭い寝室をいかに効果的に、かつ、有効に使用するかが重要となります。

つまり、省スペース化がキーポイントとなります。圧迫感や窮屈感がなければ、ストレスを感じることもなく、熟睡することが可能となります。

それ故、日々の活動が、疲れを残すことなく対処できるため、素晴らしい結果が得られることになるのです。

 

▪収納ベッドというもの▪

狭い寝室で活躍するものとして、収納ベッドが現在、着目されています。

これは、名は体を表すように、収納付きのベッドを意味します。つまり、ベッドの床板下に収納スペースが設けられています。

ベッドによって大きな場所を占拠された寝室に、収納家具を置くと部屋は圧迫感が感じられます。逆に、収納ベッドを置かずに過ごそうとすると、次第に室内が物で散らかってしまう可能性もあります。

そこで、威力を発揮するのが、収納ベッドです。ベッドに収納が据え付けられているので、物をここに収めることによって、室内がとてもきれいに片付きます。

これにより、物で溢れることによる雑多感でストレスを感じることもなく、広々として見える寝室において安眠を享受することができるのです。

 

このような理由で、収納ベッドは人気となっています。

 

▪収納方式▪

収納ベッドの肝心な機能となる収納スペースに関して、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式という方式が主に用いられています。

その中で、跳ね上げ式は、とてもユニークな構造をしています。ベッドの床板が持ち上がることで、その中に仕舞っている物を出したり、反対に仕舞ったりすることができるのです。

 

そこで、収納ベッドにおいて、跳ね上げ式タイプのメリットとデメリットに関して考察してみたいと思います。

 

▪跳ね上げ式のメリット▪

収納ベッドの中で、跳ね上げ式の最大のメリットとして挙げられることは、引き出し式のように引き出すためのスペースを確保する必要がないことです。

フレームの上に空間に床板が跳ね上がることになります。

そのため、その分、狭い寝室を有効に利用することが可能となります。

 

しかも、床板を上に跳ね上げる仕組みには、ガス圧式シリンダーが採用されているので、力をそれほど使わずに跳ね上げることができます。

女性でも楽々に上に持ち上げることができるのです。

その際、マットレスを載せてあげることになるので、とても利便性があると言えます。

 

また、床板がヘッドボード側に跳ね上がるタイプ、および、サイドに跳ね上がるタイプがあるので、寝室での収納ベッドの置き方に応じて、跳ね上がる方向を決めても構いません。

この場合、壁に近い方に跳ね上げるのが、見た目にもしっくりきますし、また、大事なこととして物を取り出しやすいということがあります。

 

それから、床板全体が持ち上がるので、収納スペース全体を一望することができます。そのため、仕舞ってあるものを直ぐに見つけ出すことが容易になっています。

 

▪跳ね上げ式のデメリット▪

収納に仕舞った物を取り出すのに、床板全体を跳ね上げる手間がいることです。

これは、引き出し式に比べるとやや面倒かもしれませんが、ガス圧式シリンダーであるので容易に持ち上がることを考慮すると、慣れれば苦にならないと考えられます。

また、このため、収納する物としては、あまり使用頻度もないものになるのも1つの方法です。

 

ベッドにおいて問題となるものとして湿気があります。これは寝ている間にかいてしまうため仕方のないことですが、その対応を誤るとカビが生えて、その胞子でアレルギー症状を起こすことになります。

その対策として、跳ね上げ式の収納ベッドの床板がすのこ状になっていて、その隙間を通って湿気が床板下の収納スペースに降りてくることがあります。

この状態では、収納内で湿気によるカビが生えてしまうことになります。

そこで、収納内に除湿剤を入れておくことが賢明です。更に、頻繁に床板を跳ね上げることで、収納の中に風が当たり、湿気が室内に飛ばされることになります。

 

▪まとめ▪

以上より、跳ね上げ式の収納ベッドは、ガス圧式シリンダーが採用されているため、非力でも簡単に床板全体を跳ね上がることができます。

そのため、床板下にある収納に仕舞ってある物を取り出したり、物を入れたりすることは、それほど面倒ではありません。それと同時に、収納内に風が当たることで湿気が室内に蒸散して、収納の中でカビが発生するリスクが低減されます。

また、引き出しのように引き出すためのスペースを確保する必要もないため、空間を最大限に活用して、物を片付けることがかのうとなります。それにより、圧迫感や雑多感に起因するストレスを感じなくて済みます。

それでは、跳ね上げ式の収納ベッドを用いて、寝室を最大限に広く活用して安らかな眠りを手に入れてください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です