宮付きの仕様が収納ベッドにもあればいいのに

■宮付きの仕様が収納ベッドにもあればいいのに■

▪お悩み確認▪

枕元にいろいろと物が置ける宮がある収納ベッドがあれば助かります、というお悩みを持った方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪狭いことが一般的である日本の寝室▪

日本の住宅は、欧米に比べるとやはり狭くなっています。そのため、お膳、ちゃぶ台、布団というような、必要のないときには片付けることが可能なアイテムが発展しました。

住宅が狭い一番の原因は、平らな土地がそれほど存在しまいため、人口密集地域では土地の確保が困難となっていることです。

しかし、日本人の生活スタイルも変化してきて、西洋式のライフスタイルが浸透しています。そのため、家屋の広さは変わらず、屋内で使われるものが変わってきました。

つまり、畳からフローリングに床材が取って代わられ、椅子に座る生活が一般化してきています。それにより、テーブル、ベッドなどの西洋家具が普及してきました。

 

ところが、大きな場所を占めるベッドを狭い寝室に置いた状態で、収納家具のような別の家具を置いてしまうと、圧迫感を感じてしまいます。

そこで、寝室にベッド以外の収納家具を置かずに過ごしてみると、そのうち、部屋が物でいっぱいになって雑多感を感じてしまいます。

こうなると、いずれの場合においても、ストレスにさらされることになり、気持ちが落ち着かず、速やかな就眠にも影響が及びます。

その結果、深い眠りもできず、脳や体の疲れが翌日にまで残ってしまうことになってしまいます。これはあまりよいことではありません。

 

このようなことにならないためのアイテムとして、収納ベッドが開発されています。

 

▪収納ベッドという省スペース化を実践するもの▪

通常のベッドは、フレームとマットレスを載せる床板という要素から成り立っています。ここに、更に収納が付いているものが収納ベッドになります。

つまり、収納がなくともよいところに収納があることで、物を仕舞うスペースが確保されます。

そのため、狭くてあまり家具の置けない寝室に収納ベッドを置くことで、部屋が物で溢れることがなくなり、こぎれいな環境が保たれます。こうなると、雑多感から解放されてリラックスすることができ、安眠も享受されます。

 

こうして、収納ベッドは、空間を効率的に使うことが可能であるため、省スペース化が実現されるのです。

 

▪収納方式▪

収納ベッドの収納の様式には、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式が挙げられます。いずれの様式も、ベッドの床板下に収納スペースが設えてあります。

引き出し式は、サイドボードに箱が付いていて、これを引き出したり、押し込んだりして物を出し入れします。

チェスト式は、その名のように、収納家具とベッドが融合したような収納ベッドで、引き出しが2段になっています。そして、仕様によっては、引き出しのある反対サイドの半分は、深い収納となっているものもあります。

跳ね上げ式は、床板がガス圧式シリンダーで軽々と跳ね上がり、その下にある収納スペースの物の出し入れが可能となっているものです。

 

これだけでも、多くの物が仕舞えますが、収納ベッドには更に収納スペースのあるものも造られているのです。

 

▪宮付きのベッド▪

ベッドのヘッドボードに、棚や引き戸などのような物を置くスペースがあるものを宮付きベッドと言います。そして、このスペースを宮と呼びます。

 

この宮は、ちょっとした物を置くのにとても便利です。

朝早く起きるための必需品である目覚まし時計、寝る前に読んでいた本や雑誌、お気に入りのフィギュア、などを置くのに適しています。

そして、コンセントがあるのでスマートフォンの充電をしたり、照明が付いているので読書をしたりというように、ベッド周りがかなり増強されているのです。

 

こうして、宮付きベッドは人気となっています。

 

▪宮付きの収納ベッドの収納力と機能性▪

収納ベッドには宮付きの仕様も用意されています。

従って、床板下の収納スペースの他に、ヘッドボードの宮が加わることで、収納に使うことのできる領域が更に拡充されることになります。

つまり、宮付きの収納ベッドは、更に部屋が片付くことになるのです。それだけではなく、寝ながら手を伸ばして届く範囲にちょっと物を置くことができるので、利便性は向上しています。

 

▪宮付きの収納付きベッドで創る快適な空間▪

狭い寝室を広々と使うことをコンセプトにした収納ベッドは、それだけでも床板下の収納スペースにたくさんも物を仕舞うことができます。

これだけで、部屋が片付くため、余計なストレスから解放されます。

 

更に、宮が付くことで気に入った小物を飾りとして置くことが可能であるので、精神的にはとてもリラックスした状態となります。

そのため、心地よい眠りを得ることが可能となるのです。従って、とてもおすすめのベッドであると言えます。

ここまで、機能的なベッドとなると、このベッドの上にいるだけで収納や宮から必要な物を取り出すことで生活が完結してしまうとも考えられます。

 

▪まとめ▪

以上より、収納ベッドには宮付きのものも製作されています。そのため、収納と宮が相乗的に機能することで、部屋がこぎれいに片付くだけではなく、宮にお気に入りの小物を飾ったりすることで、とてもリラックスした環境を創出することができます。

これならば、心地よい眠りに落ちることが充分に可能となります。

それでは、宮付き収納ベッドを用いて収納にとことんこだわって、心地よい空間での安眠を楽しんでください。


おすすめの収納ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です