ヒートアイランド現象という近代都市の問題

日本の都市部の暑さ

 最近の夏の暑さは昔よりも厳しさが増しているように感じている方は少なくはないと思われます。実際、その通りで暑さが増しているのです。
 興味深い現象としては、夏の暑さが増しているのは都市部だけでその周辺の郊外はそれほど以前に比べて暑さが増していないということです。
 この状況を温度の分布図で示してみると、都市部だけが周りから浮き出たように見えます。まさに、ヒートアイランドという熱の島のようです。それ故、これをヒートアイランド現象と呼んでいるのです。
 この暑い領域は、東京では年々拡大している傾向があります。そのため、熱中症になる人が多発したり、熱帯性の感染症の蔓延が危惧されたりしています。

著しい暑さの原因

 ヒートアイランド現象の要因は複合的なものです。
 まず、昔に比べて街中に木々や地表、そして、池や川などが極めて減っていることがあります。これらに代わり、アスファルトやコンクリートになっています。
 木は直射日光を和らげ、土は熱を吸収します。また、池や川は水が蒸発することで気化熱が奪われて涼しくなります。
 これがアスファルトやコンクリートになったことで、直射日光は当たって跳ね返されて照り返しとなり、大気が上と下から暖められます。
 そして、高い建物が林立して風の通りが悪くなっています。
 それから、住宅内の温度を下げるために使われるエアコンの室外機から出される排熱、自動車のエンジンからの排熱なども合わさって、都市部の温度は著しく高くなって、ヒートアイランドを形成しているのです。

 日中暖められたアスファルトやコンクリートから夜になると、熱が放出されます。そのため、最低温度が25ºCを上回る熱帯夜になることが珍しくなくなりました。

 ちなみに、一方で問題となっている地球温暖化は別の現象で暑さが増しています。

平均気温の今昔比較

 昔よりも今の方が気温の高くなっていることは、平均気温を比べれば一目瞭然です。
 気象庁によれば、東京の一年間の平均気温は1905年が13.5ºCであるのに対して、1999年は16.6ºCであり、約3ºC高くなっています。しかし、これでは通年であるので夏に限定されていないため、夏場のヒートアイランド現象による影響かどうか判然としません。

 日が沈んでいるにも関わらず温度が下がらないという熱帯夜の日数が増えていることは、ヒートアイランド現象の端的な現れと思われます。
 東京都千代田区において熱帯夜の日数は、1941年から1970年までの平均は一年間11.8日で、1981年から2010年までの平均は一年間27.8日でした。
 大阪市において熱帯夜の日数は、1941年から1970年までの平均は一年間18.9日で、1981年から2010年までの平均は一年間37.4日でした。
 福岡市において熱帯夜の日数は、1941年から1970年までの平均は一年間14.2日で、1981年から2010年までの平均は一年間33.2日でした。
 また、参考として、札幌市において熱帯夜の日数は、1941年から1970年までの平均は一年間0.0日で、1981年から2010年までの平均は一年間0.1日でした。
 このように歴然として熱帯夜となる日数が増加していることが分かります。

空調服とは

 猛暑で激しい作業をする人達に好まれている作業着にファン付き作業着とも呼ばれている空調服があります。これは、腰の部分に付けられているファンが外から空気を取り入れて服の内側を循環させて排出口から外に放出します。
 その際、汗が気流によって蒸発しますが、このときに気化熱を体表面から奪います。そのため、暑い場所であっても涼しく感じることができるのです。
 それ故、建設現場や工事現場で働く作業員の間で空調服が人気となっています。

空調服による暑さしのぎ

 夏の暑さで熱中症や脱水症状になる人がとても多くなっています。そこで、空調服を活用することで体温の著しい上昇が抑えられるため、その対策として有効であると考えられます。
 暑い場所で作業や運動をする人だけではなく、温度変化の感覚や発汗の機能が衰えてきた高齢者にとって空調服は有益なものです。

ヒートアイランド現象の対策

 夏の厳しい都市部の暑さはもはや社会問題となっています。
 各自治体はさまざまな対策を打ち出しています。例えば、東京都では、屋上緑化の推進、校庭の芝生化の推進、保水性舗装の推進などを実践しています。
 保水性舗装は雨水を蓄えておくことができるもので、暑さで水が蒸発し、打ち水と同じ効果があります。

まとめ

 以上より、都市化によってアスファルトとコンクリートで覆われた街は直射日光の熱が和らげられることがなく、また、エアコンや自動車からの排熱が出され、街に熱が籠もり、周辺の郊外に比較してとても暑い状況が創出されています。これをヒートアイランド現象と呼んでいます。
 これほど暑いと、熱中症や熱帯性感染症などの発症だけではなく、生産性の低下など、多くの弊害が生じます。そのため、屋上緑化などの対策を講じる必要があります。
 それでは、ヒートアイランド現象という都市の暑さを空調服によって乗り越えてください。


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ