グリーンサステナブル社会の実現の必要性

現代社会の実像

 現在、経済活動を追求する余り、地球全体が疲弊しつつある観があります。その顕著のものとして、二酸化炭素などの温室効果ガスによるとされる地球温暖化が挙げられます。また、石油やレアメタルという資源がいずれ枯渇すると予想されています。
 こういう状況においては、人類が今までと同じような行動を取っていては、やがて立ちゆかなくなることは必定です。従って、今のうちに何かしらの対策を講じておく必要があります。ここでは、それに関して少し検証してみたいと思います。

エコロジーの必要性

 エコロジーとは、元来、生態学ということを意味しますが、自然環境の保全をしながら生態系を維持していくことを意味するようにニュアンスが変化しています。
 このように意味合いが微妙に変わってきた背景には、やはり、経済活動を推進した結果の環境破壊があると言えます。つまり、公害、空気汚染、水質汚濁、森林破壊、温暖化、海面上昇のような深刻な問題が発生しているのです。
 このままでは、地球のシステムが破綻して人類の存在が危うくなります。それ故、それを回避するためにも、グリーンサステナブル社会の実現が叫ばれているのです。すなわち、環境調和型社会の創出で、エコロジーの考えに基づくものです。
 従って、エコロジーによって現状を改善することが世界的な規模で模索されています。京都議定書やパリ協定などは、その話し合いの結果、締結されたものです。

宇宙船地球号とは

 人類の住んでいる地球に搭載された資源は限りがあることを、宇宙船に喩えて表現したものが、宇宙船地球号(Spaceship Earth)というものです。
 この宇宙船地球号という概念は、アメリカの思想家・建築家であるバックミンスター・フラー(Buckminster Fuller)(1895年-1983年)が、1963年に著した『宇宙船地球号操縦マニュアル(Operating manual for Spaceship Earth)』で説いたものです。
 このような考え方を、既に1960年代に持っていたことに、まったく驚嘆します。余りにも時代を先取りし過ぎているのはないでしょうか。それ故、数十年先を見据えていたフラーは、希代の天才と言えます。
 その逸話は他にもあります。炭素原子が60個からなるC60というサッカーボールの形状と同じの炭素同素体をフラーレン (fullerene)と呼んでいます。これは、フラーによって考案されたジオデシック・ドームと同じものであったことに基づいています。
 フラーレンは1985年に発見されましたが、フラーがジオデシック・ドームを考案したのは1947年だったのです。
 漸く時代がフラーに追いついてきたと言っても過言ではないと思われます。従って、彼の説く宇宙船地球号という概念を無下に扱うのではなく、積極的にエコロジー的な活動に取り入れるべきです。

直接エコと間接エコ

 環境問題などにより、エコロジーが注目されていますが、直接エコと間接エコというものに大別されます。
 直接エコとは、電気、ガス、石油などのエネルギー使用量を削減するというエコロジーのことを指しています。
 そのために、白熱灯や蛍光灯から消費電力の低いLEDに変更したり、太陽光発電のシステムを導入したり、ハイブリッド車を運転したりすることで達成されます。実際、消費されるエネルギーが直接的に削減されています。

 それに対して、間接エコとは、生産過程、流通方法、原料選定、使用方法などの工夫によって、間接的に使用するエネルギーの量を減らすというエコロジーのことを指しています。このエコロジーは、ちょっとひねりが必要となっていますが、それが人類の英知というものであると考えられます。
 時代の流れとしては、直接エコから間接エコに流れが変わってきているようです。

空調服という省エネ製品

 猛暑での作業における熱中対策として注目を集めているものとして、空調服、ないしは、ファン付き作業着という製品があります。
 これは、腰の両側にあるファンから外気を取り入れて服の内部を循環させてから外に出す過程で、汗の気化によって奪われた気化熱で体表の温度を下げるという服です。その結果、暑い場所での作業でも体温が上昇せず、熱中症や脱水症を防ぐことができます。
 このファンを回す動力は充電式の電池であるため、何度も充電することで繰り返し使うことができます。また、電池を使うことで、エアコンなどの冷房に頼ることよりも、電気代が安く済み、使用電気量が削減できます。
 従って、空調服を使うことは、間接エコになっているのです。グリーンサステナブル社会の実現に向けて、積極的に空中服を用いることが推奨されることになります。

エコロジーを意識した製品

 空調服以外にも、間接エコによる熱中症対策を可能とする製品があります。
 帽子、日傘に加えて、水に浸して使うタオルや、濡らして首に巻くタオルなどが代表的なものです。 
 これらはエネルギーを用いていないので、グリーンサステナブル社会の実現に大いに寄与しています。

まとめ

 以上より、経済活動を追求した結果、温暖化や自然破壊などの深刻な環境問題が発生していて、このままでは人類は立ちゆかなくなります。それ故、グリーンサステナブル社会の実現が急務となっています。
 これを可能にする製品の1つとして、熱中症対策に適した空調服が挙げられます。実際、この空調服により間接エコが期待されます。
 それでは、空調服を導入することで、酷暑でのエネルギー消費を低減して、エコロジーに参画してみてはいかがでしょうか。


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ