冷房の使えない暑い部屋での作業がきついです

お悩み確認

 密室状態で高温多湿の環境での作業は本当に大変です、というお悩みを持った方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

密閉された空間での作業

 冷房を使うことができない密閉空間で作業をしなければいけないことがあります。工場や特殊な作業場では、充分にあり得ることです。
 暑くない時期であれば、室内の温度もさほど高くなることはない場合が多いかもしれません。しかしながら、夏の暑い時期ともなれば、激しい作業や機械などによって発生する熱が籠もり、室内がとても高温になる可能性があります。
 更に、太陽からの直射日光が建物に当たることでもっと室内が暑くなる場合もあります。

 このように局所的に暑い環境で作業を続けた場合、体に変調を及ぼすことがあります。そのため、閉所作業などにおいて、安全に作業が行えるように何かしらの対策をする必要があります。

熱中症という事故

 日本では7月から9月にかけてのとても暑い時期に熱中症の発生が多くなっています。つまり、熱中症は文字通り、著しい暑さの中で起こる症候群です。発症の原因は、体温が異常に上昇したり、水や塩分が大量にかいた汗によって体内から失われたりしたことです。
 症状としては、めまい、たちくらみ、頭痛、筋肉の痛み、筋肉の硬直、意識障害、痙攣などが見られます。死亡することもありますので、熱中症は安易な対応は禁物です。
 対応としては、意識の有無を確認し、意識がないようであれば、直ぐに救急車を呼んで、涼しい場所に移動させて体温を下げるようにします。
 意識がある場合は、やはり、涼しい場所に移して体温が下がるように取り計らいます。そして、水分や塩分を補給して回復を待ちます。それでも、回復しないようであれば、医療機関で診てもらうようにしてください。

 とにかく、高温多湿な状況で激しい作業を行うと熱中症になる可能性が高いという認識を持つことは重要です。ましてや、夏の閉所作業であれば、熱や湿気が籠もり、熱中症になるリスクは高くなります。

空調服という作業着

 猛暑となる作業環境で働く作業員の間で、最近持て囃されている作業着として、ファン付き作業着こと、空調服があります。
 この作業着は、腰の部分にファンが取り付けられており、これが回転することで外から空気を取り入れて服の中を循環させます。この際、汗が風で蒸発して気化熱が体表面から奪われて涼しく感じるとともに、酷暑での作業でも体温の上昇が抑えられるのです。そして、服の内部で湿気を帯びた空気は排出口から外へ放出されます。
 これは、もともと、ヒトが体温をコントロールするために発汗するという生理クーラーという仕組みを巧みに利用したものです。このため、実際のクーラーを使わずとも、涼しい環境を局所的に創出することができます。

熱中症を回避する空調服

 生理クーラーによって体温上昇を抑えることができる空調は、取りも直さず、熱中症を防ぐことを可能としています。
 空調服はクーラーを纏っているも同然のことですので、身一つが入っていける狭い空間であれば、一緒に入り込んで作業を行うことが可能です。そして、熱中症にならずに、その作業ができるのです。
 実に、空調服は優れた作業着であると言えます。

密閉下でのアスベスト処理

 かつてアスベストは石綿と呼ばれて、防音、断熱、絶縁などの用途で建材として使用され、壁や天井裏に吹き付けられました。しかし、飛散したアスベストを吸い込むと、肺線維症(、悪性中皮腫、肺がんになることが分かってきました。
 そのため、現在では吹きつけアスベストを使うことが禁止されています。
 しかし、古い建物では、建材としてのアスベストがまだ残っている事例が少なくはありません。このままでは、健康上の問題があるため、アスベストを撤去する必要があり、順次、撤去されています。

 ところが、アスベストの撤去作業ですが、しばしば天井裏などの閉所で行うことがあります。それ故、夏ともあると暑さが著しくなり、撤去作業中に熱中症になってしまうことがあります。
 このような状況に適しているのが、空調服です。閉所でのアスベスト処理でも体温が上昇することがなく、作業も捗ります。

企業の責務

 企業は従業員が快適に作業を行えるように尽力することが求められています。そのため、何も施策をせずに、密閉空間内で著しく暑くなった際に作業員が熱中症になってしまった場合、責任を負わなければならない可能性があります。つまり、労働者に対する安全配慮義務(労働契約法第5条)を怠ったと判断されることになります。
 従って、このようなことの起こらないように、換気が出来るようにしたり、水分を補給できるようにしたり、空調服を導入したりなどの対応を取る必要があります。
 これで、労働災害が未然に防ぐことが可能であると思われます。

まとめ

 以上より、夏の閉所作業は、熱が籠もってとても暑い環境が創出されることがあります。それにより、作業員が熱中症になるリスクが高まります。
 そこで、空調服という体温上昇を抑える作業着を用いることで、熱中症の発生を回避することができます。それだけではなく、水分や塩分の補給、休憩なども合わせて励行することが大切です。
 それでは、密閉されて非常に暑くなっている空間内で空調服を着用することで、快適な作業を行ってください。


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ