空調服の開発秘話

年々厳しさを増す夏の暑さ

 日本の夏は、一年で一番暑い季節です。しかしながら、大都市では、昔とは事情が変わってきて、木々や地表が街中からほとんどなくなりました。その代わりに現れたものは、コンクリートやアスファルトで覆われた街でした。
 従って、直射日光がコンクリートやアスファルトに当たって吸収された熱が蓄積されて徐々に放熱されるとともに、その照り返しの熱が吸収されずに大気中に跳ね返されます。
 更に、暑さを凌ぐために使われたエアコンの排熱が街中に放出されます。
 こうして、現在の都市は、夏になるととても暑くて多湿な状態となっているのです。

 そして、地球温暖化によって平均気温が上がってきていて、夏の暑さの厳しさを助長していると考えられます。
 それ故、都市部の夏の暑さはもはや尋常ではなく、このような環境下で作業や運動をすると体調を崩す可能性があります。

多発する熱中症

 夏の酷暑によって引き起こされる体調不良として最も知られたものが、熱中症というものです。
 その発症の原因は、体温の著しい上昇、および、水分や塩分の体内での枯渇が挙げられます。その結果、ホメオスタシスのバランスを崩して、めまい、たちくらみ、頭痛、筋肉痛、筋肉の硬直、意識障害、痙攣などの諸症状を引き起こすのです。これらの諸症状を総じて熱中症と呼んでいます。
 重篤な場合、熱中症によって命を落とすこともあります。そのため、熱中症にならないための対策、および、熱中症の対処法を知っておく必要があります。

空調服とは

 昨今、非常に暑さが厳しい場所で作業をする工事現場や建設現場で働く作業員の間で、ファン付き作業着とも言われる空調服が注目されています。
 これは、腰の部分に充電池で回転するファンを取り付けて外から空気を取り入れて、服の内側を循環させて排出口から排気します。その過程で、汗が風で蒸発し、体表面から気化熱を奪ことで涼しく感じるのです。
 つまり、空調服を使うことで体温の上昇を抑えることが可能となるので、熱中症になることを防ぐことができます。それ故、暑い場所で働く作業員に持て囃されています。

空調服のプロトタイプ

 ソニーに在籍していた市ヶ谷弘司は、1991年に退社して会社を立ち上げ、ブラウン管の画質の検査装置を製造・販売をしました。そして、東南アジアで販売しているときに、将来、このような暑い国々が日本のようにクーラーを使うとエネルギー不足になることを危惧しました。
 これが空調服の開発に着手するきっかけになりました。まず、1999年に完成したものは、水冷式でタンクを備えた空調服でした。ポンプでタンク内の水を汲み上げて、服の裏側にある冷却用の布を湿らせ、ここに空気を当てて気化させて涼しくするという機構でした。
 しかしながら、タンクが邪魔であったり、水漏れが起きたりして実用性はあまりよくありませんでした。
 そこで、ファンで取り付けて、水ではなく汗を利用する現在の空調服に辿り着いたのです。2004年のことでした。
 そして、徐々に認知されていき、大ヒットになったのです。株式会社空調服の看板商品となっています。

空調服の燃費

 充電池でファンを回す空調服は、確かにエアコンを使って室内を冷やすことより、安上がりで済みます。これは、かつて東南アジアでのエアコン普及によるエネルギー不足を懸念したことを見事に解決しています。
 それどころか、エアコンで冷やすことができない暑い屋外であっても、空調服を涼しく感じることができるため、ある意味、エアコンよりも空調服の方が高性能と言えなくもありません。

現在でも進化する空調服

 メディアなどに取り上げられた空調服はとても人気となっています。そして、あらゆるニーズに対応できるように新製品が開発され続けています。
 今や、作業員だけではなく、事務員や主婦も空調服を買い求めているのです。

 また、基本技術を用いて空調服とは違う製品も開発されています。空調ヘルメット、空調ベッド、冷却座布団などが販売されています。

まとめ

 以上より、空調服は、現在、とても暑くて多湿の環境下において激しい作業をする人達を中心して利用されています。しかしながら、開発当初はなかなか認知されずにあまり売れない状況が続いていました。
 もともとソニーの技術者であった市ヶ谷弘司が退社してブラウン管関連の会社を立ち上げ、東南アジアに販売に行っているとき、東南アジア諸国が将来、豊かになってクーラーを使うようになると大量のエネルギーが必要になると案じました。

 そこで、エアコンを使わずに涼しく感じることができる製品の開発に着手して、空調服のプロトタイプとなるものを造りました。しかし、水を入れたタンクから服の内部に吊した冷却用の布を濡らして風を当てて気化させることで涼しく感じるという水冷式の空調服でした。
 これでは使い勝手がよくないので、ファンを付けて汗を気化させるという、いわば空冷式の空調服を完成させて、現在に至っています。
 それでは、空調服を用いて暑さを感じない作業に従事してみてください。



カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ