空調服・ファン付き作業着の使用方法

極暑・酷暑で現場作業を主たる使用方法する企業での展開

 空調服は、ファンによって取り入れた空気を服の中を巡回させることで、汗を気化させて涼しくするという服です。ファン付き作業着、ないしは、ファン付き作業服という愛称的な呼称で呼ばれていますように、いわゆるガテン系の人達が、現場作業をする際、炎天下やエアコンの使えない夏場での極暑・酷暑作業を快適にしたいという目的で、購入して使用している機能性衣服ととらえることができます。
 実際、空調服は右肩上がりで夏場の売り上げが伸びています。また、駅名や人名でも、それに、商品でも、愛称的な呼称で代替されて呼ばれる場合、人気が伴っていることが概して多いのではないかと思います。

 開発の意図としては、省エネルギーやエコロジーをコンセプトして商品開発がなされたようです。ということは、様々なシーンにおいて、空調服の活躍できる可能性があるのではないかと推察されます。
 ガテン系の人達による極暑・酷暑環境での肉体労働作業以外の使用例としては、デスクワークの人達が空調服を着用することによってエアコンなしで、快適に作業をすることができます。その結果として、効率的に事務作業が進行することになります。事務作業をしていると、ヒトの発する熱だけではなく、パソコンからの放熱だけでも部屋の中は相当な暑さになりますので、非常にありがたいことであると思われます。

 かつて、エアコンのない時代、パソコンもまだ開発されていないため、その放熱は存在しませんでしたが、それでも、夏の暑さは凄まじく、事務作業でも仕事にならなかったと聞いております。空調服やエアコンのある現代と昔とでは、もっとも、多くの面で隔世の感があるのではないかと感じます。
 従って、企業活動以外での空調服の使用方法があるのでないでしょうか。

家庭での使用方法

 多岐に渡る人間活動は、企業活動の中でとても収まるものではありません。当然、そこには、空調服の需要は潜在的に存在しているはずです。まず、家の中での使用を想起しますと、やはり家の中でとても暑い場所と言えば、キッチン、屋根の直ぐ下の2階もしくは3階、西日の差し込む部屋での作業をする際に、重宝することと思います。
 これらの3条件が合致することも考えられ、その場合の暑さは想像を絶するほどではないでしょうか。夏場の熱中症や脱水症を未然に防ぐために、自治体や行政などから、エアコンの使用が呼びかけられているのも頷けます。

 料理をする際、ガスコンロで火を使ったときの熱が部屋に籠もったときの室内の暑さは耐えがたいものがあります。しかし、空調服を使用することで、体温が下がって快適に調理をすることができるようになります。燃えにくい素材として綿が使われていますので、万が一にもコンロの火が燃え移ることはありません。
 また、掃除や洗濯などの家事をするのにも空調服は役立つものです。それから、特に作業をしなくても、屋根の直ぐ下の2階もしくは3階、西日の差し込む部屋のような暑い部屋に単にいる場合においても、体を冷ますのに適しているのではないでしょうか。

 次に、家の外での使用を想起しますと、炎天下での作業が避けられない可能性のあるものがあります。ガーデニング、庭いじり、庭掃除、日曜大工、買い物、犬の散歩などがそうです。空調服・ファン付き作業着を使うことで、作業を涼しくこなすことができます。

趣味での使用方法

 空調服は、仕事や家事のような日常のルーチンワーク以外にも、様々な用途があると考えられます。つまり、夏にアウトドアで行う趣味や暑くなる場所で楽しむ趣味での使用が挙げられます。日常からの解放を期待して趣味を楽しむわけですが、極暑によって体調を崩したのではどう仕様もありません。そのため、空調服・ファン付き作業着がポータブルな空調として機能するのです。
 どのようなシーンが想起されるかというと、ゴルフ、ウォーキング、ジョギング、ハイキング、オートバイや自転車のツーリングなどの軽度のスポーツですが自ら積極的に体を動かす場面です。熱中症もさることながら、汗をかいて脱水症状の危険性が極めて高いです。

 それに対して、スポーツ観戦、屋外コンサート鑑賞、キャンプ、釣り、ガーデニングなどのそれほど体を動かさないけれども、夏の日に当たる可能性のあるような場面でも空調服は役目を十二分に果たします。
 また、アウトドアではなくてインドアでも、暑い環境下で行う趣味があります。例えば、吹きガラス細工、パソコン、クッキングなどです。暑さに気を取られることなく、集中して作業に当たれることでしょう。よいものができること請け合いです。

 こう見てみますと、仕事以外でも、空調服は、家庭での作業や、趣味においても、とても有効であることが明確になりました。今まで不可能であったことが可能になる使い方もあるはずですので、独自の使い方を創出することもまた面白いかもしれません。是非とも、早速、応用してみてください。


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ