ビジネスに役立つ小型カメラの活用法

高性能化する小型カメラ

 最近注目を集めている器機として小型カメラがあり、とてもよく売れています。これは、デジタル化によって記録媒体がフィルムからSDカードになってことで、カメラのサイズが文字通り小型化したものです。
 そのため、他の物品に入れた擬態カメラというカムフラージュカメラ・スパイカメラと呼ばれる小型カメラが開発されているのです。

 それだけではなく、機能も充実したものになっています。
 1080pという高性能なレンズやボイスレコーダー機能に加え、暗視補正、赤外線撮影、動体検知録画、音感検知録画、繰り返し録画、WiFi接続、無線LAN接続という機能も備えられているのです。
 このように、サイズが小さいにも関わらず、小型カメラはとてもハイスペックな機能を持っているのです。そのため、さまざまなシーンで小型カメラは活用することができるのです。

小型カメラの活躍するビジネスシーン

 現代においてビジネスは益々多様化して複雑になっています。そのため、業務上、記録や証拠を残せたら便利だと思う場面は多々あると思われます。
 このようなときに役立つのが小型カメラなのです。
 ここでは、小型カメラがビジネスシーンでどうのように活用されるのかを検証したいと思います。

ちょっとしたミーティングでの記録

 少人数のミーティングに際し、プリント機能を備えたホワイトボードを使って進行することがあります。このような器具があるのは、ミーティングで話した内容を書き込んだホワイトボードを記録として残しておきたいからです。
 このような場面で威力を発揮するのが、小型カメラなのです。ホワイトボードに書かれた内容を記録することだけに留まらず、ミーティングの開始から終わりまでの全てを音声のある映像としてデジタルで残すことができるのです。まさに漏れのない記録となります。
 後は、それを見直したり、必要に応じて議事録に纏めて参加者にメールで配信したりできるのです。

重要な商談での記録

 重要な案件に関して、得意先や新規獲得先という顧客を相手にして商談をすることがあります。このような際に、後々、認識や見解の違いなどで互いにもめることのないように、この商談を映像で記録できれば双方に都合がよいと考えられます。
 このとくに役立つのが小型カメラになります。一部始終を記録として残すことができます。但し、小型カメラで話の内容を残すに当たって、先様の許可が必要になると考えられます。隠し撮りが不可能な器機ではありませんが、それが発覚して信用を落とすのも損害ではないでしょうか。そのため、一応、顧問弁護士と相談されることをおすすめします。

外国語を飛び交う国際会議での記録

 多くの日本人にとって外国語は苦手です。中学校と高校、そして、大学の教養課程で英語を勉強しますが、読むことには長けていても、聞いたり、話したりするのはとても不得手な人が多いのが実情です。
 従って、英語で行われることの多い国際会議で、同時通訳のない場合は、苦しい思いをする日本人は少なくはないです。そこで、力となるのが小型カメラです。

 国際会議に出席することができるのは、それなりに能力のある人ではないかと思われます。そのような人は、英会話やTOIECの勉強を多少とも勤しんでいるのではないでしょうか。そのため、小型カメラに残された国際会議の内容を後で何度も見直せば内容を理解することができると考えられます。
 このような作業を何回も繰り返せば、小型カメラに頼らずとも国際会議に列席することができるようになるでしょう。英会話学校に行くよりも実践的に英語をマスターできるのです。

出店候補地などの視察の記録

 ビジネスを拡大する際、新規出店を予定する候補地、買収する不動産建物などを現地に視察すると思われます。しかし、実際の様子は現地に行かなければ、他者には伝わりにくいものです。このような際に効果的なのが小型カメラなのです。
 視察した場所のポイントとなる部分を映像として記録することで、それを見せるだけで臨場感のある報告ができるのです。これで、事業計画の策定も精度が高まります。
 ただの写真ではなく、映像動画とすることで3次元的な広がりを持った記録となりますので、是非とも小型カメラを活用したいものです。

企業秘密の撮影は違法

 スパイ映画にあるように、競合他社や自社の企業秘密を小型カメラで撮影して持ち出すのは違法となります。
 自社の場合、業務上横領罪、窃盗罪、背任罪などの法律で罰せられる可能性があります。
 また、他社の場合、不正競争防止法、窃盗罪などの法律で罰せられる可能性があります。
 いずれにせよ、小型カメラを悪用すると処罰の対象になりますので、このようなことをしないようにしたいものです。

まとめ

 以上より、競争の激しいビジネスの世界で小型カメラの果たす役割はとても大きなものです。車内での会議やミーティングの記録、商談や国際会議の記録、出予定候補地や取得予定不動産の様子などを小型カメラで映像として残せて見せることができるのです。
 それでは、小型カメラを仕事に役立てて、ビジネスパーソンとしてご活躍してください。



小型カメラ通販 トップ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店


リアージュグループ

リアージュグループトップページ