空き巣の手口や件数はどうなっているの?

疑問確認

 留守に空き巣に入られるのが心配だけど、その手口や発生件数はどういう状況になっているのか、という疑問を持っている方がいらっしゃるので、それに答えたいと思います。

住宅対象侵入窃盗の発生状況

 空き巣、居る巣(居空き)、忍び込みを総称して、住宅対象侵入窃盗と称しています。大事な金品が取られるのは、大きな痛手となります。それだけでなく、侵入の際に窓や鍵が壊されることも多いのです。そのため、その対策を事前に行うことはとても重要となります。

 平成28年に報告された警視庁の生活安全総務課の手集計によれば、管轄内で発生した住宅対象侵入窃盗の件数は、平成23年は4,471件、平成24年は4,520件、平成25年は4,437件、平成26年は3,964件、平成27年は3,291件となっています。
 従って、東京都において、侵入窃盗の中で、住宅対象侵入窃盗の占める割合は約50%で、1日で約10件以上が発生していることが分かります。結構な頻度で起こっていることになります。

住宅対象侵入窃盗の手口

 同じく、平成28年に発表された警視庁の生活安全総務課の手集計によれば、住宅対象侵入窃盗の侵入口として、窓(縁側、ベランダ)が29.1%、窓(居室)が22.3%、窓(その他)が8.7%、表出入り口が35.6%、その他の出入り口が4.3%となっています。
 つまり、侵入口は、窓と出入り口でほとんどとなっているのです。

 同手集計によれば、侵入窃盗の侵入手段には、無締り、ガラス破り、施錠開け、ドア錠破りがあります。無締りとは、鍵の掛かっていない玄関や窓から入る手段です。
 そして、空き巣の侵入手段として、一戸建てでは、ガラス破りが67.0%、無締りが24.7%、施錠開けが4.1%、ドア錠破りが2.4%、その他が1.8%となっています。他方、中・高層住宅では、ガラス破りが20.5%、無締りが40.8%、施錠開けが35.5%、ドア錠破りが2.1%、その他が1.1%となっています。
 従って、無締りとガラス破りという手段が多く占めていることが分かります。

進歩する小型カメラ

 現在、防犯対策としてよく購入されているのが小型カメラです。デジタル化によって大きさがコンパクトになったのみならず、レンズや機能が向上して、とてもハイスペックな仕様となっています。
 そのため、従来では実現しなかった用途が可能となりました。つまり、カムフラージュカメラやスパイカメラとして、被写体に気付かれずに撮影をすることが可能となったのです。しかも、仕様レベルが高いので、高画質の映像を残すことができるのです。

空き巣対策となる小型カメラ

 空き巣による窃盗の現場を映像として残すことは、その後の警察捜査、裁判においてとても効力を発揮します。顔が映っていれば、早期の逮捕が期待されます。そして、顔が映っていなくとも、服や体が映っているだけでも、情報としては価値があります。
 そのためにも、室内や屋外に小型カメラを設置しておきたいです。USBメモリーやライター、そして、フックや火災報知器という形態をしたものであれば、侵入した者に小型カメラの存在を気付かれずに、その様子を撮影できます。これぞ、カムフラージュカメラやスパイカメラの本領発揮といったところです。
 そして、小型カメラの機能として、動体検知録画や繰り返し録画などが備わっています。つまり、動体検知録画は、動きを感知したときに映像を撮影します。繰り返し録画は、メモリーに自動的に上書きするので、容量の心配がなくなります。
 暗視補正機能や赤外線撮影機能を使えば、暗いところでもきれいな画質で撮影することができるのです。
 このように、小型カメラを設置することで空き巣対策が充分になされます。

それ以外の防犯対策

 無締りとガラス破りという手段が空き巣に多いため、その対策と非常に有効になります。
 まず、短時間の外出であっても、戸締まりを確実に行うことです。
 そして、ガラス破りを封じるために、防犯フィルムをガラスに張ったり、窓のサッシに補助錠を付けたりするのも効果があります。

 また、人が潜むのに適した空間を家の周囲に作らないことです。載ると音がでる砂利を敷いたり、見通しをよくするために植木の剪定をしたり、センサー付きライトを設置したりすることでとても潜みにくくなります。

 そして、近所の人達と常日頃からコミュニケーションをとって、不審者に対する監視体制を築くことも必要です。

まとめ

 以上より、空き巣の対策として、室内に小型カメラを設置することはとても有効になります。これによって空き巣の犯行現場を撮影することができ、捜査や裁判の証拠・資料として大いに役立つのです。
 鍵のかかっていないドアや窓から入ってきたり、窓ガラスを割って入ってきたりすることが多くなっています。そのため、外出時には鍵の掛け忘れをしないこと、ガラスに防犯フィルムを張ったり、サッシに補助錠を付けたりすることも必要となります。
 それでは、小型カメラの導入で空き巣の対策をおこなって、防犯済みの安心ライフをお過ごしください。



小型カメラ通販 トップ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店


リアージュグループ

リアージュグループトップページ