一人暮らしの部屋に監視カメラが付けられているか心配です

お悩み確認

 なんだか部屋の中で盗聴されたり、盗撮されたりしている気配を感じていてとても不安です、というお悩みを持っている方がいらっしゃるようなので、それを解決したいと思います。

室内での盗撮・盗聴器機の被害

 盗撮は屋外で不特定の人を対象にして行われることが多いようです。実際、エスカレーターで小型カメラやスマートフォンで前の女性のスカートの中を写そうとして、捕まえられたというニュースはインターネット版の記事でよく見受けられます。
 しかしながら、盗撮は、屋外ではなく、室内に密かに設置された盗撮・盗聴器機による被害も実は深刻な問題となっています。これは、わざわざ意図的に仕込んだものですので、悪意を持って実行された行為です。
 ストーカーによる監視行為が一番多い被害のようです。それ以外には、盗撮した映像を転売する目的とするものが考えられます。
 是非とも、気を付けたいものです。

室内で盗撮・盗聴器機の設置される場所

 室内に仕掛けられている盗撮・盗聴器機は、素人には思いもよらない箇所に想像も付かない形で設置してありますので、その存在に気付かず、日常生活を送ってしまうのです。
 どのような場所に仕込まれているかと言えば、コンセント、電話、天井裏、カーテンレールの裏、エアコンの裏、時計の裏などに巧妙に仕組まれているのです。コンセントや時計には予め盗撮・盗聴器機が内蔵されたものが製造されていますので、実に計画的な犯行になります。
 盗撮によく用いられるCCDカメラは、直径1 mmのピンホールとなる穴があれば、充分に被写体を捉えることが可能となっています。

 このような盗撮・盗聴器機は、電気街やネットショップで比較的手軽な値段で手に入るので、もはや他人事では済まされないレベルまで来ていると言えます。それ故、安心な生活を手に入れるには、何かしらの対策や意識が恒常的に求められているのかもしれません。

心ない人に悪用される小型カメラ

 最近売られている小型カメラは、デジタル化によってフィルムがSDカードのような記憶メディアに置き換わったことで、サイズがとてもコンパクトになっています。また、暗視補正、赤外線撮影、動体検知録画、音感検知録画などの非常に優れた機能を備えています。
 また、ペン、USBメモリ、置き時計、フックというように物品の中に小型カメラを仕込んだ、いわゆる、カムフラージュカメラやスパイカメラが作られ、携帯されたり、設置されたりしても、なかなかその存在に気が付くことは難しいのです。

 本来、このような小型カメラは、防犯対策、ドメスティックバイオレンス(DV)やいじめの現行証拠の確保、という弱者のために用いられるべき製品です。また、スポーツや模型などの趣味のために用いられるべきものです。
 しかし、高性能で極小の小型カメラを利用して、盗撮や盗聴を行う人は皆無ではありません。とはいうものの、現行犯で逮捕されている記事やニュースがよく見られますし、また、室内の設置された小型カメラに対処法も確立されていますので、そうそう悪いことはできないようになっています。

盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器

 室内に仕掛けられた盗撮・盗聴器機は、人間の五感を駆使しても見つけ出すのは難しいです。そこで、目には目を、歯には歯を、ないしは、毒をもって毒を制す、ということで、被害を受ける側も最新器機を導入することで駆除することができるのです。
 それが、盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器なのです。
 感知方法として、無線電波の検知、光学式レンズの反射光の検知が挙げられます。
 無線電波に関しては、1 MHzから6,500 MHzまでの広域に対応しますので、一般的なあらゆる盗撮・盗聴器機を感知することが可能です。
 また、電波を発さないピンホール型、カムフラージュカメラやスパイカメラカメラに対しては、赤外線レーザーを当てて、レンズからの反射光を感知するのです。

 但し、注意が必要なことは、携帯電話、コードレスフォン、電子レンジなど、電磁波を発生させる家電の近くでは、それを感知することがあります。

室内の盗撮・盗聴器機の対策

 加害者につけ込まれる隙を与えないことも有効な対策となります。
 部屋の中に見覚えのない物の有無を確認してみることで、思わぬ物を発見する可能性があります。
 アナログ式のコードレス電話は盗聴される可能性がありますので、音声を再現するのが困難なデジタル式に変えてください。
 知らない人からのプレゼントには注意が必要かもしれません。

 また、賃貸住宅や中古住宅に引っ越した際には、前の住人に関連した盗撮・盗聴器機がコンセントなどに残されていることも考えられますので、念のため、盗撮・盗聴器機の有無を確認するに越したことはありません。
 そして、どうしても気になるようであれば、専門の業者に依頼して盗撮・盗聴器機の有無を確かめてもらうのも確実でよいと考えられます。

まとめ

 以上より、昨今の器機の進歩で、住人に気付かれずに室内に盗撮・盗聴器機を設置して、更に、盗撮や盗聴をすることが問題となっています。そこで、無線電波や光学式レンズの反射光を検知する盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器を活用することをお勧めします。
 それでは、盗聴器・盗撮器・光学式有線カメラ発見器で悩みの種を根絶して、安心した生活を手に入れてください。



小型カメラ通販 トップ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店


リアージュグループ

リアージュグループトップページ