小型カメラの選び方

技術の進歩で登場した小型カメラ

 デジタル化はあらゆる領域に進歩を及ぼしましたが、カメラはその顕著な例として知られています。それまでのアナログであるフィルムが、ほぼ完全にSDカードのような記憶媒体に取って代わられ、デジタルカメラが登場しました。これにより、写真撮影がとてもお手軽になりました。
 実はそれだけに留まらず、カメラ自体が小型化可能になり、それ以外のレンズやフォーカルなどの技術も加わって、小型カメラという製品が世に出されました。小型という形容が付くだけあってとても小さなものとなっています。
 小型化が生み出したものとして、使い方の多様性が挙げられます。そのため、目的に適った小型カメラを選ぶことが重要になります。ここでは、小型カメラの選び方に関してみてみることにします。是非とも参考にしてください。

小型カメラの選ぶ際の基準としての目的

 小型カメラの購入を考えている人は、通常のコンパクトデジタルカメラとは異なる使い方を求めていると思われます。つまり、何かしらの目的を予め持っている場合が多いと思われます。
 証拠の確保、防犯、記録、実技や趣味の映像鑑賞などの目的が挙げられます。それ以外にもあると思われ、小型カメラを購入するのには多くの目的が存在すると考えられます。そして、数ある小型カメラの仕様から、この目的に合うものを選べばよいのです。

 証拠の確保、防犯であれば、被写体となる人物にカメラの存在を気付かれてはいけません。
 証拠の確保という目的は、ドメスティックバイオレンス(DV)、学校でのいじめに、車内いじめ、内引き、車上荒らし、擦り逃げ、当て逃げ、不動産契約などの実害に遭っている事例において想定されるものです。

 記録であれば、必ずしも小型である必要はないかもしれませんが、携帯することを考えると小さい方が便利です。
 記録という目的は、会議の議事録などの事例が想定されます。

 実技や趣味の映像鑑賞であれば、小型という要素が大きいと思われます。そして、誰かにカメラの存在を気付かれることに問題はありません。
 実技や趣味の映像鑑賞という目的は、サーフィン、スノーボード、Nゲージなどの事例が想定されます。

 このような用途によって、用いる小型カメラの仕様も変わってくるのです。

盗撮目的は御法度

 これだけカメラが小さくなると、小型カメラを用いて良からぬことをする人が現れてくることが考えられます。つまり、こっそりと盗撮をすることが危惧されます。しかしながら、悪いことをしていることが行動に出たり、何かしらぼろが出たりして、多くの場合、発覚して捕まっているのです。
 そして、盗撮は、軽犯罪法(第1条第23号)、及び、自治体の迷惑防止条例で罰せられることがあります。つまらない些細なことで、将来を失うのは愚かなことと言えます。

小型カメラの選ぶ際の基準としてのスペック

 小型カメラにも、高性能のものから、それほど性能のないものまでいろいろな仕様があります。しかし、確実な映像を残すためにもハイスペックであるに越したことはありません。そして、技術が進歩したお陰で、実のところ、ハイスペックが標準化されていると言えなくもありません。
 暗視補正機能、赤外線撮影機能は、暗いところでもきちんと映像を捉えるための機能です。これは、防犯、及び、車上荒らし・擦り逃げ・当て逃げのような自動車のトラブルに有効なものです。
 WiFi機能やネットワーク機能を利用することで、小型カメラを遠隔地に置いて、映像をリアルタイムの映像データでも、既に撮影したデータでも、手元の端末で映像確認することができます。
 防水の器具を装着すれば、マリンスポーツなどで活用することができます。ダイビングでは海中の素晴らしい映像を持ち帰ることができるのです。
 それ以外にも、有益な機能がたくさん備わっているのです。

小型カメラの選ぶ際の基準としての値段

 高性能となっている小型カメラですが、2万円くらいも出せば購入することが可能となっています。それほど高くはない買い物だと思われます。

設置が分からないカムフラージュカメラ

 証拠の確保や契約の記録のように、カメラの存在に気付かれてしまうことに支障がある場合、カムフラージュカメラ、スパイカメラと言われる小型カメラが威力を発揮します。
 カムフラージュカメラやスパイカメラには2つのタイプがあります。1つが携帯できるもの、もう1つが建物や室内などに固定するものです。
 携帯タイプは、ペン型、腕時計型、キーレス型、ミントケース型などがあります。他方、固定タイプは、火災報知器型、置時計型・掛け時計型、フック型などがあります。

まとめ

 以上より、どの小型カメラを購入するかは、用途を考慮する必要が第一となります。証拠の確保や契約の記録のように存在が露見してはいけない場合、カムフラージュカメラやスパイカメラが有効となります。実技や趣味の映像鑑賞のためである場合、スポーツや模型のような激しい動きに対して、小型化や高性能化を追求したものが機動性に影響を与えないと言えます。
 それでは、目的に適った小型カメラを用いて、現状を変えてみませんか。



小型カメラ通販 トップ

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店


リアージュグループ

リアージュグループトップページ