フロアベッドの処分と廃棄の方法

フロアベッドの特徴と、寿命の存在

 いろいろと種類があるベッドの中で、昨今、注目を集めているものにフロアベッドというものがあります。超低床ベッドとも言われています。
 その名の通り、ベッドを置いている床からの高さがとても低くなっています。そのため、布団と違ってベッドの高さが気になる方、ベッドからの落下が気になる方には、非常に人気となっています。
 また、サイズも多種揃えてあるため、寝室の広さや家族の人数に合わせて選ぶことが可能です。

 しかしながら、非常に長い間愛用した結果、フロアベッドを廃棄しなければいけないほど傷むかもしれません。また、ライフスタイルの変化にともなって、引っ越しをしなければならない際にフロアベッドを処分しなければいけない状況になるかもしれません。
 このような場合、どのようにフロアベッドを処分するか分からないことがあるかもしれません。そこで、廃棄や処分の方法に関して検証してみたいと思います。

 それから、通常、リーズナブルで安いフロアベッドは、組み立て式となっているので、廃棄するときは解体することで移動や処分が容易になります。

フロアベッドの捨て方

 フロアベッドは、JIS規格(S1102)によれば、定義として住宅用普通ベッドに属していると考えられます。そのため、捨てる際も住宅用普通ベッドの捨て方に従って処分ればよいと言えます。
 住宅用普通ベッドとは、マットレスとそれを支える構造体のことです。つまり、フロアベッドの場合、マットレスと高さの低いフレームがベッドを構成しているものとなります。
 従って、マットレスとフレームの捨て方を知ればよいことになります。ここでは、特にフレームについて廃棄方法を見ていくことにします。

 主に、自治体、リサイクルショップ、処理業者に依頼する方法が挙げられます。

自治体によるベッドの廃棄の方法

 自治体は住民に対してさまざまな行政サービスを行っています。その中に、粗大ごみの回収があり、フロアベッドを始めとするベッドを回収してもらえます。
 但し、処理手数料を支払う必要があります。住民税ではやってくれないようです。
 大まかな回収までの流れとしては、所定の窓口に電話などでフロアベッドの回収を頼む旨を連絡するとともに、指定された店や役所で粗大ごみの処理手数料券を購入します。これをフロアベッドに貼って、所定の日時に所定の場所に自ら移動させて回収してもらうことになります。

 芦屋市であれば、ベッド・大(セミダブル以上)が1,800円、ベッド・大(セミダブル以上で解体済みのもの)が1,500円、ベッド・小(シングル)が1,200円、ベッド・小(シングルで解体済みのもの)が900円となっています。
 解体した方がお得であることが分かります。それ故、解体ができるフロアベッドは解体すべきであると言えます。
 ちなみに、ベッドの構成要素であるマットレスに関しては、ベッドマットレス・大(セミダブル以上) が900円、ベッドマットレス・小(シングル)が600円となっています。
 それから、目黒区であれば、シングルベッド(ベッドマットを除く)が1,000円、シングルパイプベッドが1,000円、セミダブルベッド(ベッドマットを除く)が1,700円、ダブル・キング・クイーンベッド(ベッドマットを除く) が1,700円となっています。
 また、ベッドマットが1000円となっています。

 このように自治体によって料金が違い、そして、回収の方法も異なりますので、事前に確認することが必要です。

リサイクルショップによる廃棄の方法

 まだ使えるのに捨てるのはもったいないと考える方は、リサイクルショップがおすすめです。自治体による回収と違って、業者が家まで査定に来るだけではなく、回収の際も家に来て持って行ってくれるので、とても楽にフロアベッドを処分することができます。
 しかしながら、リーズナブルな価格で購入したフロアベッドに値段が付くか、分かりません。というのも、店頭に並べて売れるか判然としないからです。しかも、概して大きいため、在庫として持っていたくないのが心情です。
 そのため、回収に当たっては、お金を払って持って行ってもらうことになるのではないかと思われます。まずは、査定してもらってはいかがでしょうか。

処理業者による廃棄の方法

 確実に処分できる方法として、処分業者に依頼することが挙げられます。6,000円から12,000円ほどの処理費用を支払えば、業者が家まで来て、フロアベッドを持って行ってくれます。
 自分で解体することも、外に運ぶ出すこともしなくて済みますので、手間が掛かりません。

まとめ

 フロアベッドを処分する主な方法として、自治体、リサイクルショップ、処理業者を利用することが考えられます。手間を掛けずに捨てるのであれば、処理業者が一番手っ取り早いですが、自治体の回収手数料に比べたら割高になってしまいます。
 そのため、安く済ませるのであれば、自治体がおすすめです。その際、家の外まで解体したフロアベッドを運び出す手間や粗大ごみの処理手数料券を購入する手間が掛かることはご了承ください。
 それでは、使い倒したフロアベッドを適切な方法で処分し、新たなフロアベッドを購入してみてください。

関連記事

準備中
フロアベッド通販 トップページ


カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ