【DIY】2×4という木材を用いたほぞ組み加工の実践

■2×4という木材を用いたほぞ組み加工の実践

▪ほぞ組み加工をする2×4という木材について

DIYが人気となっています。自分で思いのままのインテリア家具などを製作できるのは、何よりも魅惑的で、また、楽しみでもあります。

そして、ほぞ組み加工というちょっと高度なテクニックを駆使してみることで、更に楽しみが増します。そこで、2×4という木材にほぞ組み加工を簡単な道具のみで行うことにしました。

DIYでよく用いられる木材として、2×4という規格があります。2インチ x 4インチですが、約38 mm x 約89 mmとなります。また、1×4という規格などもあります。

軟らかい素材なので、日曜大工の材料として加工しやすいのが魅力的です。

 

昨今、ディアウォールやラブリコという壁に穴を開けずに棚などを作ることができるものとして注目を集めています。これに、2×4の8フィートが用いられます。

木材の両端に器具を付けて、天井と床にテンションを張るようにして立てることで、各種、DIYが行えます。

 

▪ほぞ組み

釘を使わない木組みだけの工法があります。これには、ほぞ組みという凹と凸、ほぞ穴とほぞの突起というような木材加工をおこなって、木材を組み合わせるものです。

ほぞ組の種類は、とてもたくさんあります。そのため、木造建築の寺社仏閣は、多様な工法や技術によって釘を使わずに素晴らしい建物が出来上がっているのです。

 

▪相欠きつぎ

ほぞ組みで使われる工法の種類はたくさんありますが、相欠きつぎはほぞ組みの中でも比較的簡単にできるものです。

 

今回、2×4とラブリコを用いた棚の製作をDIYでおこないと思います。その際、重心が壁寄りになるように、重さのある板を後方にはめることにしました。

これに、相欠きつぎの技術を用いために、木材に凹のような加工を施して、ここに板をはめ込みます。

 

ほぞ穴などを作るには、角ノミのビットや丸ノコというような電動工具を用いれば、簡単にきれいな加工を施すことができます。

しかし、DIYをするといっても、それほど頻度や機会がないため、これらの電動工具を揃えるわけにもいきません。

そこで、なるべく簡単な手動の道具を使って、2×4の木材に溝を彫ることにしました。以下に、その手順を写真とともに記述しますので、参考になれば幸いです。

 

▪墨付け

まず、掻き取る部分を線で引いて、墨付けをおこないます。同じ炭素ですが、黒鉛であるシャーペンを用いて線を引いています。

L字の差し金を用いれば、側面に対して直角に線を引くことができます。

sumitsuke

 

▪ノミ入れとノコギリでの掻き取り

最初に、底となる部分の線において、やや内側をノミで順次、金槌で印を付けていきます。これは、木版画で削らない部分に彫刻刀で周囲に線状の傷を付ける要領と同じです。

そして、掻き取る部分において、細かい切り込みを幾つも底となる部分までノコギリでつけてゆきます。

こうして出来た櫛状のものを、金槌で折っていきます。

kakitori

 

▪ノミによる修正と木工ヤスリ・サンドペーパーによる研磨

金槌で重なり合う櫛状の板を折った状態では、底になる部分は平らになっていません。そこで、ノミで平らになるように墨付けした線まで掻き取っていきます。

ノミは1本のみ、15 mmのサイズをホームセンターで購入しました。今後、それほど使用することがないと思われましたので、セット品は購入しませんでした。

2×4には、SPFやホワイトウッドという軟らかい木材が使用されているので、加工が比較的容易です。そのため、ノミで掘り進めることが簡単にできます。

そして、木工用ヤスリやサンドペーパーを用いて表面を研磨していきます。

こうして、相欠きつぎの凹部分が、電動ではない簡単な道具を用いて形成することができました。

nomi-ire

 

▪まとめ

以上より、差し金、ノコギリ、ノミ、ヤスリと金槌という汎用性のある日曜大工道具だけを用いて、2×4の木材に相欠きつぎが可能な溝を彫ることができました。

DIYは、玄人の大工と違って納期がないので、いくらでも時間を掛けることができるのが自由でよい点です。今後、何年も使うことを考えたら、ちょっとしたことでも面倒に思わずに、丁寧に作業をすることが、後々、後悔をすることがなく、そして、満足のいく作品を製作することができるので、とても大事なことです。


スポンサーリンク

WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ダークブラウン

 


WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール ホワイト

 


平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です