ダンスの練習に使える鏡はないかしら その実践性とメリットについて

dancing-people

■ダンスの練習に使える鏡はないかしら その実践性とメリットについて■

▪お悩み確認▪

家の中で、鏡で動きを確認しながらダンスの練習をしたいのですが、というお悩みを持った方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪人気となっているストリートダンス・ポピュラーダンス▪

最近、若者を中心としてストリートダンスやポピュラーダンスのような現代的なリズムのダンスがはやっています。そして、街中でよくその練習をしている人達の姿を見掛けます。

リズムに合わせて数人で同じ動作でダンスをするのは、見ている人達だけではなく、実際に演じている人達もとても爽快で楽しいものです。

というものの、ある程度のレベルに達するには、どうしても練習量が必要となります。そのため、屋外のちょっとした広場のような場所だけでなく、自宅でも練習ができれば上達も早くなります。ここでは、自宅における練習の可能性を探ってみたいと思います。

 

▪中学校でのダンス必修化▪

平成20年3月28日に文部科学省によって中学校学習指導要領が改訂され、平成24年度からダンスが武道とともに必修化されました。

「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」が授業で行われるダンスの対象となっています。

イメージを表現したり、仲間との連携を重視したりすることで、自己表現や協調性を養うことを目的にしています。

 

▪ 割れない鏡というもの▪

従来からある鏡は、ガラス製のものが一般的です。しかし、鏡に物が当たったり、鏡が落下・転倒したりした際、ガラスが割れて、鋭利な破片が飛び散る危険性があります。それにより、手足を深く切って出血してしまう事故が起こることにもなりかねません。

そして、このような危険性をはらんでいるため、ガラス製の大きな鏡を使うのも細心の注意を払う必要があります。

 

そこで、登場したのが「割れない鏡」というものです。これはその名の通り鏡面が割れないという製品です。というのも、ガラスに代わって透明フィルムが使われているため、ガラスのように割れて破片が飛び散るような事態にはなり得ません。

また、製作に用いられている素材は、フィルム、アルミニウム、プラスチックといずれも軽いものとなっています。それ故、割れない鏡の全体の重さは、とても軽く、ガラス製の鏡のおよそ6分の1となっています。落下や転倒で体に当たってもそれほどの惨事には至りません。

従って、大きめの鏡を使おうとするのであれば、安全面で優れた割れない鏡がおすすめなのです。特に、リフェクスミラーという商品は、比較的大きめなサイズが取りそろえられています。

unbreakable-mirror

▪家の中での練習に使える割れない鏡▪

学校の授業でも取り挙げられるようになったダンスですが、従来、授業以外でもダンスは愛好されてきました。そのための練習の場所として街中の小さな広場のようなところが利用され、仲間と一緒になって動作や振り付けを合わせてダンスを練習したりします。

これだけでも充分に効果的な練習ができていると思われますが、更に自分の家で鏡を見ながら動作や振り付けの確認をする自主練のようなことができれば相乗的に上達すると考えられます。

これには、自分の激しい動きを映すのに適した大きさの鏡が必要になります。しかし、一般的なガラス製の鏡だと大きいサイズでは安全面で問題があります。そこで、リフェクスミラーのような割れない鏡が大いに役立つのです。これならば、大きなサイズであっても、割れないだけでなく、全体が軽いので安全です。

更に、ダンスの練習に適した特性として、リフェクスミラーは反射率が高いので、映し出された像が非常に鮮明なのです。そのため、ダンスの動作がきれいに鏡に映り、細部まで確認することが可能となっています。

 

それから、学校での必修化に伴い、外部講師を活用した授業を行う必要性が生じました。そして、ダンス経験のない体育教師もダンスの素養が求められるようになりました。その練習に、自宅に据えた割れない鏡を使うのもよいと考えられます。

 

▪高校・中学校のダンス部員が日本一を目指すダンススタジアム▪

2008年から日本高校ダンス部選手権、2012年から日本中学校ダンス部選手権が実施されています。全国の中高生のダンス部員が日頃の練習の成果を見せて、その実力を発揮する大会となっています。

年々、参加チームが増えており、その熱意が感じられます。

 

▪ダンスの学校という選択肢▪

ダンスの専門学校があり、プロのダンサーを目指すための実践を習得できます。また、ダンス以外にも、歌や演技など、幅広い表現方法を習得できるようです。

興味のある方は、どうような学校があるか、調べてみてはいかがでしょうか。

 

▪ダンサーという職業▪

学校でダンスが必修化されたこともあり、ダンサーという職業が注目されています。

実際、ダンサーの求人需要として多いのが、ストリートダンスによるバックダンサーとして、イベント、テレビ番組、CM、ショーなどで活躍しています。

しかしながら、求人数に対して応募者の数が多いのが実情のようです。オーディションで勝ち残る技量が求められます。

 

▪まとめ▪

以上より、鏡に自分の動きを映し出して自宅でもダンスの練習をしたいのであれば、リフェクスミラーのような割れない鏡が適しています。というのも、割れない点と軽い点でとても安全であるので大きめのサイズを使えるからだけではなく、反射率が高いので映る像が鮮明であるからです。

それでは、大きめの割れない鏡を据えて、ダンスの練習に活用してお楽しみください。


スポンサーリンク

割れない鏡通販

unbreakable-mirror


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です