子供と一緒にすのこベッドで川の字で寝られないかしら

■子供と一緒にすのこベッドで川の字で寝られないかしら

▪お悩み確認▪

子供がまだ小さいので一緒に寝るのに機能的だという「すのこベッド」を活用したい、いうお悩みを持った方がいらっしゃるようですので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪小さい子供を1人で寝かせること

イケア・ジャパンが、ロンドン、ストックホルム、ニューヨーク、パリ、東京の5都市において、20歳から59歳の男女1040名に対して2013年10月行った調査によると、東京以外の4都市では、専用の寝室で1人またはパートナーと一緒に寝て、子供は別の部屋で寝ることが一般的であるということです。

 

インタースペースが運営するママ向け情報サイト「ママスタジアム」にて子育て中の日本人女性555人に2017年1月に行った調査によると、家族全員が同じ部屋で寝ている事例が69.4%、父親だけが別の事例が17.8%、夫婦と子供が別の事例が3.6%という結果でした。

 

日本では、いわゆる川の字文化があって親子は川の字のように寝ていて、大体、小学校に上がる頃になると子供は1人で寝るようになることが多いと思われます。しかしながら、外国では比較的早い時期に1人で寝かせるようです。

川の字で寝る理由としては、日本の住宅が狭いことが挙げられます。とはいうものの、さすがに子供が成長して体が大きくなれば、一緒に寝ることも物理的に難しくなります。

 

▪世帯あたりの子供の平均人数

合計特殊出生率とは、女性が生涯の間に産む子供の平均数を指します。日本の場合、年々低下していますが、平成27年(2016年)において1.45でした。

つまり、世帯当たりに子供は1人、ないしは、2人ということになります。従って、子供が1人であれば、まさに川の字で寝ることが具現化できます。

 

それから、厚生労働省のデータによると、2人以上の子供がいる場合、平成21年(2010年)では第1子を産んだときに女性の平均年齢が29.7歳、第2子では31.7歳、第3子では33.1歳となっています。

従って、第1子と第2子の年齢差は2.0歳ということになります。それ故、第1子がベビーベッドを使っている間は、川の字が可能です。

そして、第1子がベビーベッドを卒業したら、4人一緒に寝ることができるのかどうかというのは問題です。実は、これが可能なベッドがあるのです。それから、人数が増えて5人可のベッドもあります。

 

▪すのこベッドというもの

最近、普及しつつあるベッドにすのこベッドというものがあります。これは、床板がすのこになっていて、その隙間からマットレスや布団に含まれる湿気や熱が逃げてゆきます。

それにより、寝具が高温多湿とならないため、カビやダニが発生しくくなっています。その結果、カビやダニに由来するアレルゲン(抗原)に基づくアレルギー反応が起こることがなくなります。

従って、すのこベッドは、健康的な睡眠や暮らしを送ることができるとても機能的なベッドと言うことができます。

 

▪ワイドサイズのすのこベッド

すのこベッドのサイズには、もちろん、シングルやダブルというものだけではありません。クイーンやワイドという大きなサイズも製作されています。

ワイドサイズのすのこベッドには、幅が約200 cm、約240 cm、約280 cm、約300 cmという仕様があります。

幅が約240 cmであれば、大人2人と子供1人が寝ることが可能です。そして、幅が約280 cmであれば、大人2人と子供2人が寝ることが可能です。更に、幅が約300 cmであれば、大人2人と子供3人が寝ることが可能です。

 

床板がすのこになっているため、マットレスだけではなく、布団も敷いて使えるので、小さい子供と一緒に寝るのに何かと便利であると思われます。

また、すのこという隙間のあいた構造であるため、耐荷重性が気になりますが、それは設計の段階で考慮されているので、それほど懸念ではないと考えられます。

▪分離可能なワイドサイズ

幅が約240 cmであれば、セミダブルベッドを2つ並べて連結した仕様、または、シングルベッドとダブルベッドを並べて連結した仕様の2種類がすのこベッドあります。

そして、幅が約300 cmであれば、シングルベッドを3つ並べて連結した仕様となっています。

従って、子供が成長して大きくなったら、連結を外して、個々のベッドとして使用することが可能です。個室を欲しがる年齢では、子供部屋に外したベッドを置くこともできます。

家具の有効活用によって余計な廃棄物を出さずに済み、環境に優しいデザイン仕様となっていますので、是非とも、おすすめです。

 

▪まとめ

以上より、日本は住宅が狭いこともあり、子供と一緒に川の字になって寝る傾向があります。これが可能なものとして、ワイドサイズのすのこベッドがあります。幅が約240 cmであれば、3人で寝ることが可能です。

このワイドサイズのすのこベッドは、2つのセミダブル、ないしは、シングルとダブルを並べて連結させたものです。そのため、子供が成長した場合、連結を外して個別のベッドとして使うことができます。

そして、床板がすのこになっているので、通気性がよく、湿気が籠もることがなく、カビの発生の心配があまりありません。

それでは、ワイドサイズのすのこベッドを用いて、家族一緒に安眠を堪能してください。


おすすめのベッドはこちらのショップで購入できます。

スポンサーリンク

すのこベッド通販

すのこベッド通販


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です