収納のある連結ベッドがあればいいのに

■収納のある連結ベッドがあればいいのに■

▪お悩み確認▪

家族一緒に寝られるのはいいけど、連結ベッドが場所を取るので収納家具を置けない、という悩みを抱いていらっしゃる方がいるので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪日本の住宅事情

日本の住宅の狭さは、世界的にも知られており、ウサギ小屋と称されているほどです。これは、山がちの狭い国土に億にも及ぶ人達が住んでいるからです。

とりわけ、人口の集中している都市部では宅地の確保が困難となっています。地価が高いので、取得に多額の金銭を要するのと、維持するための固定資産税がかかるからです。

従って、狭い住宅において、いかに快適に過ごすかという実用的な問題にすり替えて解決するということも賢明な手段です。

そして、子育て世帯にとっても、限られた屋内空間を有効に活用することが重要となっています。

これらの諸事情に適うものとして、連結ベッドが挙げられるのではないでしょうか。

 

▪連結ベッドというもの

まだ小さい子どものいる家庭で人気となっているのが、連結ベッドです。その名の示すように、2台以上のベッドを並べて金具で留めたものです。

その結果として、幅が広くなったベッドが出来上がることになり、子どもと親が一緒に寝ることができるのです。

実際、川の字で寝るという文化がある日本では、とても重宝されているのです。はやり、スプリングの効いたマットレスの上で寝ることは快適です。それが、広いベッドであるので、互いの体がぶつかることによる不具合も少なくなります。

 

▪収納付きの連結ベッド

しかしながら、連結ベッドは通常のベッドよりも面積が大きくなるため、寝室で占める場所も大きくなります。

そのため、狭い日本の家屋にあっては、寝室に置いた連結ベッド以外の家具を置く余裕がないということも少なくはありません。

それに伴い、生活していくにつれて物で寝室が散らかってします可能性があります。こうなると、雑多感のもたらすストレスにより、心が安らかな状態を保つことが難しくなります。

 

そこで、部屋にある連結ベッド自体に収納スペースがあれば、物を片付けるのにとても助かります。

そして、実際にこのような機能を備えた連結ベッドが造られているのです。

 

一般的に、収納のあるベッドには、引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式があります。しかし、連結ベッドは低床のものが多いため、容積的に引き出し式となります。

引き出しの容積が多くなれば、その分だけ多くの物を仕舞うことができます。ところで、連結ベッドは家族一緒に寝ることがコンセプトになっているため、小さい子どもがベッドから転落しても大怪我にならないように低床であり、高さが低く抑えられています。

そのため、収納のための引き出しのある連結ベッドもあまり高くすることはできません。

従って、引き出し内部の高さは13 cmほどの高さで設定されています。とはいうものの、これだけの高さでも多くの物を収めることが可能となっています。部屋が物で散らかることがなくなり、リラックスすることができるため、心地よい眠りを得ることが可能となります。

また、引き出しのある側には、床板下の空間があり、ここにも、長物や季節物などを仕舞うことができます。それ故、以外と多くの物が収まるのです。

 

具体的には、引き出しの内寸に関して、幅x奥行きx高さは、90 cm x 32 cm x 13 cmとなっています。これが側面に2つ備え付けられているのです。

しかも、スライドレールによる引き出しであるため、とてもスムーズに出し入れが可能です。

そして、独立したボックス構造であるため、寝ているときにかく汗が原因となる湿気が引き出し内部に入ることがないのです。それ故、カビやダニの発生するリスクが極力抑えられているのです。従って、アレルギーが起こることがなくなります。

 

▪引き出しのある連結ベッドの置き場所

折角多くの物を仕舞える引き出しがあっても、連結ベッドの置く場所がよくなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

つまり、壁などがあって引き出しを引き出せないという状況にならないようにしなければいけません。

これは、単に注意すればよいことなので、連結ベッドを選ぶ際に、引き出しが右にあるのか、左にあるのかという点を見誤らなければよいと言えます。

 

▪引き出し以外にも、宮付きもある連結ベッド

連結ベッドには、引き出し以外にも、物を置いておくスペースがあるものが多くあります。いわゆる、宮付きと呼ばれるものです。

宮とは、ヘッドボードに棚や収納が備え付けられているものです。

そのため、引き出しに比べれば、物の収納という点に関してはそれほど多くの物を収められません。しかし、スマートフォンや本などのちょっとした物を置いておくのには、とても便利となっています。

 

▪まとめ

以上より、連結ベッドの中には、収納スペースとして引き出しの備え付けられているものがあります。そのため、寝室が物で溢れかえることがなくなり、精神的にリラックスすることができます。

しかしながら、小さい子どもも利用することを想定している連結ベッドでは、転落事故を防ぐためにあまり高くすることができません。それ故、引き出しの内寸も限定的になりますが、それでも多くの物を仕舞うことができるのです。

また、ヘッドボードに宮という棚や収納がある連結ベッドがあるので、これを賢く利用するのも部屋を小綺麗にするためには大切です。

それでは、収納付きの連結ベッドを用いて、物であふれることのない空間を創ってください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です