やはり安心できる日本製の連結ベッド

■やはり安心できる日本製の連結ベッド■

▪技術立国の日本

日本製の製品は、日本で造られたということだけで、海外ではとても品質や安全性に関して信頼されています。

江戸時代を通じて日本が鎖国によって外国との交流や交易は厳しく制限されていました。そして、幕末の開国によって文明開化と呼ばれる状況になりました。

しかし、日本では潜在的に手工業や軽工業が発達していたので、新しい学問や研究成果を素早く導入して重工業も発達させていきました。

こうして、日本は工業化に成功し、技術立国として知られるようになりました。

 

▪JIS規格やSG規格という日本の工業規格

日本製品の品質や安全性を保証するために、国家規格としてのJIS規格(日本工業規格)が定められています。更に、SG規格というものも定められています。

 

JIS規格は、特定の製品において規格が定められており、そして、安全性を確認するための試験方法も決められています。

このような厳密な規定をクリアしたものに対して、JISマークを付けることが認められます。従って、JISマークのある製品は、品質と安全性に関して安心してよいと言えます。

 

他方、SG規格は、Safe Goodsの略で、安全性を意識して制定された規格です。また、SGマークの付いている製品が問題で事故が起こった際、賠償が保証されています。

 

▪連結ベッドというもの

最近、人気を博しているものに、連結ベッドがあります。その名前からも分かるように、通常のサイズをしたベッドを並べて金具で連結した製品になります。

このため、連結ベッドは、通常サイズのベッド幅の倍になる幅を持っています。その効能として、幾人かの人数でそろって寝ることが可能となっています。

つまり、小さな子どものいる3人家族、ないしは、4人家族にとって連結ベッドの大きさは、全員で寝るには適したサイズとなっています。

川の字で寝ることができるので、連結ベッドは人気となっているのです。

 

このように、連結ベッドは、大人も使うベッドでありながら幼児も使うというユニークなものです。

それ故、子どもが怪我をしないような設計が連結ベッドにはなされています。

落下を想定して、連結ベッドの高さを低いものとした低床仕様とすることで、子どもの転落による床への激突を防ぎます。

それ以外には、頭を殴打しても怪我にならないように、クッション性のある革張りのフレームを持つ連結ベッドもあります。

 

これは構造的に安全性を期したものですが、強度や材料などで信頼の置けるものであれば、更に安心して使うことができます。

それが日本製であれば、それだけで品質が担保されている観があります。

 

▪JISマークやSGマークのある連結ベッド

現在、国内において流通している連結ベッドにJISマークやSGマークが付いていれば、厳密な試験をクリアしたことを保証するものであるので、安全性や品質に問題はないです。

しかし、JISマークやSGマークが、連結ベッドの本体であるフレームに付けられているものはどうやら流通していないようです。

他方、マットレスに関しては、そして、フレームに使われている木材に関しては、JISマークが付いているものがあります。

木材である板において、曲げ強度、ホルムアルデヒドの放散量などが規定されています。

 

とはいうものの、連結ベッド全般に関しては、JISマークやSGマークがないと思われるため、別の権威や保証を安全性や品質の拠り所として頼ることになります。

 

▪日本製の連結ベッド

JIS規格やSG規格という規格で、連結ベッドの安全性や品質が保証されないとすれば、別の方法によって、安全性や品質の是非を判断しなければいけません。

 

まず、メーカーが第三者機関に、安全性や品質に関する評価試験を依頼していれば、それを参考にすることができます。

それが実施されていない場合、生産地が参考になることがあります。

つまり、日本製であることが、信頼が置ける保証であると言えます。

 

実際、日本で造られた連結ベッドは存在しています。

その国内工場の1例として、SGマークこそ付いていませんが、SG認定工場という立場の事業所が製造しています。

 

 

▪日本で育まれる家族愛

連結ベッドは、幅が広いため、家族全員で寝ることが可能です。それにより、毎晩、家族同士の距離が近くなり、必然と、家族の絆が深められます。

これが確実なものとするには、連結ベッドが安全性や品質が確固たるものであることが求められます。

こうして形成された家族愛は、日本で作られたものです。そのため、ちょっとやそっとで、切れるものではないと考えられます。

 

▪まとめ

以上より、小さい子どもの使うことがある連結ベッドは、品質と安全性が求められます。

そこで、JISマークやSGマークのある連結ベッドがあれば、それを購入することになります。

しかし、必ずしもそのような連結ベッドが存在しません。そこで、頼りになるものとして、日本製であるという出自が挙げられます。

日本製の製品は海外ではとても信頼されています。そのため、連結ベッドも日本製のものは信頼されているわけです。

それでは、安全性と品質が高い日本製の連結ベッドを購入して、安全な寝室を創出してください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です