夫婦だけでも使えるファミリーベッド

■夫婦だけでも使えるファミリーベッド■

▪子どもがいない家庭の増加

最近は価値観が多様化して、以前のように、結婚して子どもを持つという典型的な考えとは異にする生き方をする夫婦が、増えてきています。

いわゆる、子なし夫婦と呼ばれる家庭ですが、もはや珍しくもなくなりました。

 

成熟社会では、特に教育費を中心にして、子どもを育てるのにとてもお金が掛かるため、子どもを作らないという選択をとる人が増えていることが背景の1つにあります。

それだけではなく、仕事のキャリアを追求していくのにも、妊娠、出産、育児が負担となっています。これは、今、日本で行われている働き方改革で改善されていくとは思われます。

 

理由は、どうであれ、家族の形態が多様化しており、夫婦だけの家族も市民権を既に得ています。そこで、思い切り夫婦だけの生活を楽しんでもらいたいものです。

 

▪子どもがいない家庭の住宅事情

家族構成が2人であるため、言うまでもなく、1人暮らしよりも広く、子どものいる家庭よりも狭い住宅の広さが適しています。

共働きであれば、収入も倍になるため、その余裕のある資金を住宅に掛けることができます。そのため、やや広めの家に住むことができます。また、交通の利便性のよい立地の家に住むこともできます。

従って、寝室に置くベッドも、ぜいたくなものを選択することも可能となります。

 

▪連結ベッドというもの

最近、小さい子どものいる家庭で人気になっているものに連結ベッドがあります。名前から想像されるように、通常サイズのベッドを2台並べて金具で固定したものになります。

従って、3人家族や4人ベッドが全員で寝られるだけの幅と面積が確保されています。そのため、ファミリーベッドとも呼ばれています。

1台のベッドで家族が川の字となって寝られるために、子育て世代で人気となっています。

 

幼児の利用が前提となっているので、ベッドからの落下事故を防ぐ目的で、高さが低く抑えられています。

低床仕様と言われる構造ですが、別の効果として、天井までの距離が保たれるので、天井が高く感じられます。その結果、開放的な雰囲気が漂っています。

このような点に関しては、応用が効くことが予感されます。つまり、大人数のファミリー以外でも利用する余地があるということです。

 

▪2人家族でも使えるファミリーベッド

2人であれば、ダブルやセミダブルというサイズのベッドが存在します。通常ならば、これで充分、夫婦だけの家庭でも使用目的を満たします。

しかしながら、夫にも妻にも両方、収入がある場合、寝室が比較的広く確保することが可能となります。

 

そこで、ファミリーベッドの異名を持つ連結ベッドを使うということが魅惑的です。

実際の連結ベッドの大きさを見てみると、セミシングルサイズのベッドが並んだ幅が、夫婦2人でそろって寝るには適した大きさです。

180 cmから200 cmの幅を持つ連結ベッドが、大人2人で使うのに十分な大きさになります。

ダブルの幅が140 cm、セミダブルの幅が120 cmであることを考えると、連結ベッドは余裕のある幅になっているため、まさにゆったりと寝ることができます。

これにより、心身ともに疲れがとれるため、日々の仕事もますますはかどることになります。

従って、連結ベッドは、夫婦だけの家庭、もしくは、同棲している恋人に対して、とてもおすすめとなります。

 

▪宮付きの連結ベッド

多くの仕様やデザインのある連結ベッドには、宮付きというものがあります。

これは、連結ベッドのヘッドボードに棚や収納のスペースがある仕様になります。そのため、スマートフォンや本というベッドの上でも見ることができる物を置けるだけではなく、コップやカップも置くことが可能です。

従って、ベッドの上に寝転びながら、テレビを見たり、音楽を聞いたりする際に、お茶を一緒に楽しむこともできます。

 

また、宮にお気に入りのフィギアやアイテムを置くことで、ベッド周りが充実した環境になります。

これも、就眠や快眠にとって、大事なことです。

 

▪引き出し付きの連結ベッド

金銭に余裕があるとはいっても、際限がないわけではありません。そのため、寝室の広さも限定的になることが考えられます。

そのため、寝室にベッドを置くと、収納家具を置くスペースはなくなってしまいます。そこで、収納スペースを備えた連結ベッドを用いることで、部屋が散らかることを防げます。

 

連結ベッドに備え付けられている引き出しは、床板下にあって、サイドに開閉するタイプです。それ故、有効に空間を活用して物を仕舞うことができます。

また、頻繁に引き出しを開け閉めするため、引き出しの中に湿気が籠もることなく、カビやダニの発生を抑えることができて、衛生的です。

 

▪まとめ

以上より、夫婦だけの家庭においても、幅の広い連結ベッドが、子どものいる家庭同様に、とても役に立ちます。

ダブルサイズのベッドよりもゆったりして寝ることができるので、深い眠りが得られて疲れがとれます。その結果、仕事や勉学に対して集中して対処することができて、自己のレベルを向上させることにつながります。

それでは、2人でゆったり寝ることのできる連結ベッドを寝室で使うことで、リラックスした眠りを堪能してください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です