家が狭いので、大きなベッドが置けません

■家が狭いので、大きなベッドが置けません■

▪お悩み確認▪

マイホームが狭くて大きなベッドを部屋におくことができません、という悩みを抱いていらっしゃる方がいるので、その悩みを解消したいと思います。

 

▪日本の住宅事情

日本の国土は山が多くて、平らで丈夫な土地があまりありません。そのため、都市部では特に、宅地を確保するのが困難で、3階建ての戸建てが珍しくありません。

そして、マンションのような集合住宅ともなると、更に狭くなっています。

従って、狭い寝室をいかに有効に活用するかが重要となります。

 

▪連結ベッドというもの

ファミリー層からの注目を集めているものとして、連結ベッドがあります。これは、その名前から推察されるように、通常サイズのベッドを並べて連結させたものです。

その結果、とても幅の広いベッドとなり、小さい子どものいる3人家族や4人家族でニーズがあります。

参考までに、3人家族であれば幅は210 cmから240 cmで、4人家族であれば幅は240 cmから280 cmが適しています。

つまり、家族全員が同じベッドの上で寝ることができるのです。

 

それだけではなく、連結ベッドにはさまざまな効果や機能が期待されます。

まず、ベッドを単に2台並べるよりも、連結させることで、隙間の分だけ省スペース化が図られます。

これで、まずは問題となっている寝室の狭さを解消する一助となります。

 

▪低床で天井が高い

連結ベッドは、幼児が使うことをコンセプトにして開発されたものです。そのため、万が一、事故が起きないような配慮がなされています。

実のところ、ソファやベッドからの幼児の転落事故が多発しています。

これを防ぐ目的で、連結ベッドの高さは、低く抑えられているのです。これにより、連結ベッドから落ちて、堅いフローリングの上に激突しても、大事には至らないのです。

更に、フローリングの上に、クッション性を備えているジョイントマットやコルクマットを、連結ベッド周辺に敷き詰めれば、危険性は低減されます。

これならば、安心して大切な子どもを寝かせることができます。

 

高さがないことの効能はそれだけに留まりません。実は、連結ベッドは、低床仕様であるので、天井までの距離が長くなります。

そして、寝室に占める容積としても、少なくなっています。

その結果、とても開放的な室内空間が創出されるのです。狭さを感じなくて済むため、リラックスした気持ちになります。これは、とても重要で、安眠に効果があるのです。

 

▪昼は、子どもの遊び場として

子育て世代は、どうしても住宅が狭くなってしまいます。そのため、ベッドを隙間なく並べた連結ベッドの上は、比較的広く、子どもが昼間、遊ぶスペースとして活用することができます。

これだけの広さがあれば、おもちゃで遊ぶのに困りません。

 

それから、スプリング式のマットレスを連結ベッドの床板に敷いている場合、間違いなく、トランポリンのように、その上に跳びはねることが考えられます。

しかし、勢い余って連結ベッドから落ちて床に激突したとしても、高さがないので、大怪我にはならないと思われますが、勢いがあるので打撲による痛みがあるかもしれません。

そこで、対策となるのが、クッション性のあるジョイントマットやコルクマットを周りに敷くことです。

 

それから、マットレスの上で跳びはねる頻度が高いようであれば、マットレスの裏表を入れ替えたり、180度回転させたりして、平均して力が加わるようにしてあげることで、マットレスを長持ちさせることができます。

 

更に、ベッドフレームにぶつかっても怪我のないように、クッション性のあるレザー貼りの連結ベッドも生産されています。

 

▪宮や引き出しのある仕様

寝室にベッドを置いてしまうと、それ以外の家具を置くことが物理的に無理となってしまうことがおおいです。

そのため、この状態では、部屋の中が物で溢れてしまうことになる可能性が生じます。

これを防ぐためにも、宮や引き出しが備え付けられた連結ベッドを用いることが挙げられます。

 

宮とは、ヘッドボードに備わった棚や収納のことです。目覚まし時計、スマートフォン、本、カップなどを置くのに適しています。

子どもの好きなフィギアやマスコットを置くのにも使えます。

そして、床板の下に引き出しのある仕様もあります。子どものおもちゃを仕舞っておくのにとても便利です。

起きている間、連結ベッドの上で子どもを遊ばせる場合、重宝します。

 

▪まとめ

以上より、家族全員で寝ることが可能な連結ベッドは、意外と狭い寝室で使うのに便利です。まず、ベッドを連結されているのでその隙間がなくなり、また、低床であるので天井が高くて広くなり、その結果、開放的な印象が感じられます。

また、昼間は、連結ベッドの上を子どもの遊び場として活用できます。高さが低いので落下した際の衝撃が少なくなります。

それから、宮や引き出しを利用することで、部屋が物で散らかることがなくなります。

それでは、狭い寝室を広く活用することができる連結ベッドを用いて、快適な睡眠を楽しんでください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です