一人暮らしの男性には、ベッドと布団のどちらにすべきなのか?

■一人暮らしの男性には、ベッドと布団のどちらにすべきなのか?■

これから独り暮らしを始める男性にとって、寝具をベッドにするか、布団にするか悩むところです。そこで、それぞれの寝具の特徴、それに、住む部屋に関して検証してみて、どちらの寝具がよいのか考えてみたいと思います。

ベッドと布団という寝具

現代の日本人にとって、寝具として挙げられるものには、ベッドと布団があります。新たに新生活を始めるに当たり、どちらにするかを選ぶのに困ることがあります。

赤ちゃんが生まれる家庭では落下の危険性のない布団、新婚家庭ではベッドが好まれています。

それでは、これから一人暮らしを始める男子にとって、ベッドか、布団か、というのは、生活環境や実生活の有り様に深く関係していると考えられます。

 

ワンルームの賃貸物件

独りで生活を開始する場所としては、ほとんどの場合、キッチン、リビング、バス、トイレから主に構成されているワンルームの賃貸マンション、または、賃貸アパートであると言えます。

つまり、あまり広くはない部屋で新生活が始まるわけです。この広さや間取りが、寝具を選ぶ際にとても重要な要素となります。

 

敷いたり畳んだりすることで機能的な布団

昔から、日本の庶民はあまり広い部屋には住んではいませんでした。そのため、その狭さを有効に活用にするための道具が発達してきました。

それが、お膳、ちゃぶ台のような使わないときには仕舞える食台であったり、畳むことのできる布団であったりします。

つまり、布団は、寝ないときには畳んで押し入れに仕舞っておくことができるので、狭小

スペースをとても効果的に利用することができるのです。

そのため、ワンルームという狭い部屋で生活するのに、布団はとても適しています。

しかしながら、ヒトは寝ている間に汗をかいているので、汗を吸収した布団を敷きっぱなしにしておくと、湿気でカビやダニが発生してアレルギー症状が出ることがあります。

従って、布団を使う場合は、こまめに布団を上げたり、干したりすることが求められます。

 

狭小空間を有効に使えるベッド

ワンルームの賃貸物件には、収納スペースがあまりありません。そのため、新生活を

始めた時点では、それほど物を持っていなくとも、年月を経るにつれて、物が増えていくものです。

そうなると、室内が物であふれてしまいます。こうなると、雑多感というストレスを感じてしまうことにもなりかねません。

それを防ぐためにも、ベッドを利用することが考えられます。一見、大型家具の代表であるベッドを狭い部屋に置くことは、無謀ともとらえられます。

ところが、収納スペースを備えたベッドが存在するのです。収納ベッドとも呼ばれているこの製品には、ベッドの床板下に収納スペースが確保されているのです。

その種類には、引き出し式や跳ね上げ式などがあります。

これで、狭い部屋も広く使うことが可能となり、物で散らかることはありません。

 

アウトドア派に必要な物を収納するスペース

アクティブな男子として、キャンプや山登りなどのアウトドアの趣味を楽しむ人も多く

います。このような場合、アウトドア用品をたくさん持っていたり、更に追加して充実させたいと考えていたりするものです。

しかしながら、ワンルームの賃貸住宅ではそれほど多くの物を収納することはできません。そして、大きな物ともなるとかさばって、置き場所に困ることさえあります。

そのようなときに、威力を発揮するのが、跳ね上げ式ベッドと呼ばれるものです。

 

これは、その名の通り、ベッドの床板がダンパーで跳ね上がるもので、床板下が収納となっているタイプです。

床板の直下がすべて収納スペースに当てられているので、収納スペースを備えたベッドの中でも、跳ね上げ式ベッドが最も収納力を持っています。

 

実際にそれだけの物が収納ベッドに収まるかと言えば、リュック、寝袋、シュラフ、バーベキュー用品など、意外とかさばる物がすっぽりと入ってしまいます。

これで、狭い部屋も快適な空間のまま、過ごすことが可能となります。

 

インドア派に必要な物を収納するスペース

野外で過ごすのではなく、室内で時間を過ごすのが好きな男子もいます。

その過ごし方もさまざまなシチュエーションが考えられますが、映画やアニメなどの映像を観たり、プレイステーションなどのゲームをしたり、本を読んだり、音楽を聴いたりなど、人それぞれの楽しみがあります。

こうなると、所持品が多くなってしまうものです。

 

DVDやBDやゲームやCDなどのソフト、そして、漫画本や文庫本などの書籍を仕舞うのに適したスライド式の収納がヘッドボードに内蔵されている収納ベッドがおすすめです。

このような収納ベッドを利用することで、こまごました物が仕舞えて、室内が雑然としないで済みます。

 

まとめ

以上より、収納スペースが限られているワンルームという狭小賃貸物件では、収納ベッドがおすすめであると言えます。ここに住む男性が、アウトドア派でも、インドア派でも、多くの趣味に関する物を収納ベッドに仕舞うことができるため、部屋が雑多な状態にならずに済み、快適な毎日を送ることができるからです。

他方、あまり物を持たないという主義の場合、上げ下げすることができる布団は、狭い部屋を有効に使うことができるので、布団という選択肢もあります。但し、カビやダニが発生しないように、きちんと畳んで上げ下げしたり、干したりする必要があることを肝に銘じておかなければいけません。しかしながら、これが苦手な男子が多いのも事実です。

それでは、ベッドを買うタイミングは、新生活を始めるときが多くなっています。物が散らからない収納ベッドを使ってみてはいかがでしょうか。


快適なおすすめのベッドはこちらのショップで購入できます。

スポンサーリンク

収納ベッド通販

 

跳ね上げ式ベッド通販

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です