一人暮らしの女性には、ベッドと布団のどちらがおすすめなの?

■一人暮らしの女性には、ベッドと布団のどちらがおすすめなの?■

新生活で新たに一人暮らしを始める女性で、新居はベッドにしようか、布団にしようか悩んでいる人は多いものです。そこで、それぞれに関して良さを検討したいと思います。

ベッドと布団の特徴

日本での寝具には、ベッドと布団があります。

布団は、伝統的な日本の寝具で、敷かれた敷き布団や掛け布団は、使わないときには畳んで仕舞っておくことができます。そのため、とても空間を効率的に利用することができるのが最大のメリットです。

ベッドは、寝ることを目的とした家具で、多くの場合、設置されたままで使われます。ベッドフレームとマットレスで構成されている製品が多くなっています。従って、ベッドの分だけ、部屋は占有されてしまうことになります。また、寝る前にいちいち寝床を設える必要がないという利点もあります。

 

一人暮らしの多くがワンルームの賃貸物件

独りで新たに暮らすに当たり、多くの人は賃貸のワンルームを選びます。あまり広すぎも空間を使い切れず、家賃も高くなってしまいます。そのため、ワンルームの広さに落ち着くことになります。

 

フローリングに適したベッド

以前は、賃貸物件の床材として、畳やカーペットがよく用いられていました。しかし、メンテナンスの面から、現在は、特にワンルームは、ほとんどフローリングとなっています。

従って、冬はフローリングの冷たさが問題となることがあります。この上にマットレスを敷いて更に布団を敷くとなると、場合によっては冷たさが伝わってくる可能性があります。そのため、フローリングの上にジョイントマットやコルクマットを敷くことがよく行われます。これらのマットは樹脂製であるので冷たさが伝わってくることを防ぐことができます。

他方、ベッドであれば、間に床板下の空気層を挟むため、直接的にフローリングの冷たさは伝わってきません。冬に冷気が上がってくるのであれば、この場合もジョイントマットやコルクマットを敷くという方法で対応できます。

また、日本でベッドが浸透してきている背景には、フローリングが一般化してきていることが原因と1つなっています。

 

狭小空間を有効に使えるベッド

家具の中でもベッドは大型の部類に入ります。そのため、ワンルームのような狭い部屋に置くとそれだけで部屋のスペースが取られてしまいます。

従って、この圧迫感を解消するための術を施すことが求められます。その1つとして、収納スペースが床板下に備わっているベッドを利用することです。引き出し式や跳ね上げ式などが存在します。床板下に物を仕舞うことで、冬のフローリングの冷気を遮断する効果もあります。

別の術として、セミシングルの大きさのベッド用いることです。シングルの幅は約98 cmで、セミシングルの幅は約83 cmであるので一回り小さくなっています。その分、部屋の空間を有効活用することができます。

 

 

使わないときは仕舞える布団

畳んで仕舞える点で、布団は狭い部屋を有効に使うことができます。

但し、布団をずっと敷いたままだと、寝ているときの汗が寝具にこもってカビやダニが発生することがあります。その結果、喘息や接触性皮膚炎などのアレルギーが起こることがあります。

そのため、布団を使う際にはこまめに布団を上げて、ときには干して乾燥させる必要があります。一方、ベッドでも湿気の問題がありますが、床板が隙間のあいた「すのこ」状であったり、マットレスの脇に通気孔があったりするため、布団よりかは、カビやダニのリスクが抑えられます。それでも、ときどきはマットレスを上げて、床板など、普段、風の当たらないところに風をあてて湿気をとばすことが大切です。

 

布団をバルコニーに干すのが禁止の賃貸物件の存在

若者を魅了するようなデザイン性に富むマンションでは、景観を損ねないようにベランダに布団を干すことが禁止になっている賃貸物件もあります。

こうなると、汗を吸った布団を乾燥させる作業を、室内において行わなければならなくなります。布団を掛けるのに必要な衝立のようなものがあれば便利ですが、新しく新生活を始める場合には一緒に用意しなければならないことになると言えます。

 

従って、布団を干す手間を考えると、ベッドという選択も有効であると考えられます。確かに、ベッドでも汗などの湿気の問題があります。しかし、ベッドの床板が通気性のよい隙間のあいた「すのこ」状になっていたり、マットレスの脇に通気孔が空いていたり、など予め湿気対策のなされている製品も販売されています。

 

まとめ

以上より、一人暮らしをする女性は増加していますが、ワンルームという狭小物件で生活することがほとんどです。その際、布団かベッドか、寝具選びで悩みます。

しかし、しゃれた物件ではバルコニーに布団を干すことが禁止になっているところもあります。そして、フローリングが一般化していて布団はやや不向きかもしれず、ベッドを使うことがおのずと適しています。

セミシングルという小さなサイズや、物が仕舞える収納ベッドを用いることで、狭い部屋でも広く使うことがかのうです。

それでは、一人暮らしをベッドで楽しんでみてはいかがでしょうか。


快適なおすすめのベッドはこちらのショップで購入できます。

スポンサーリンク

収納ベッド通販

 

跳ね上げ式ベッド通販

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です