実践的なソファーベッドの選び

狭い部屋でのソファーとベッドの利用

 日本の住宅は、うさぎ小屋と揶揄されるようにとても狭くなっています。これは、家屋を建てるのに適した平地が少なく、山間部が多い国土であることが原因です。
 そのため、人が多く集まる都市部ともなると更にその状況は深刻になっています。土地の価格が高いため、宅地面積の狭小化が助長されています。
 従って、狭い土地に建てられた家は延べ床面積が限られる都合上、ソファーやベッドを置きたいと思う部屋の大きさも狭小となってしまいます。
 そうなると、家具の中でも大型の部類に入るソファーやベッドを置くと、狭い部屋は圧迫感や閉塞感を抱かざるを得なくなります。ましてや、ソファーと家具を一緒に並べておくともなると場合によっては足を踏み入れる場所もない状況に陥る可能性もあります。
 というものの、狭い部屋には、ソファーとベッドを一緒に置くだけのスペースはないため、共存は不可能であることも方が多いと思われます。

 しかしながら、ライフスタイルの西洋化が進んでいる現在、とりわけ狭いアパートやマンションの住人であっても、ソファーも使いたいし、ベッドも使いたいという需要を持っています。
 そこで、このニーズを満足させるには、ソファーとベッドのいずれも使うことのできるプランや戦略を練る必要があります。

ソファーベッドというもの

 驚くべきことに、ソファーとベッドを同じ部屋に置くことは実のところ可能なのです。但し、時間的に同時に存在させることはできませんが、時間をずらすことで実現させることができます。
 その方法は、ソファーという家具を変形させてベッドという家具に形を変えるというものです。それ故、時間的に同時に共存することはできないのです。
 これが、ソファーベッドとよばれる製品なのです。2つの家具を占めるスペースが1つの家具の分で済むことから、部屋がその分広く活用することができます。そして、これがソファーベッドの開発コンセプトでもあるのです。
 そのため、ソファーベッドを購入する人が少なからず存在しています。

ソファーベッドの購入目的

 開発コンセプトからして、狭い部屋を持つ住宅に住む人達が購入者であると言えます。
 まず、ワンルームの賃貸住宅に住む人は、どうしても部屋に置くことができる物体的な総量は限度があります。そのため、ソファーとベッドの両刀遣いが可能なソファーベッドを使うことで、空間の効率的な活用を図ることが考えられます。

 また、アパートやマンションのような賃貸住宅ではなく、戸建てにおいてもソファーベッドはニーズがあります。
 その際、住人が使うこともありますが、来客時にベッドとして提供する目的で購入しているケースは実際多く見受けられます。ほとんどの場合、ソファーとして使われており、ベッドとして利用されるのは極限られたときということになります。

 とはいうものの、多くの事例において、省スペース化を実現するためにソファーベッドを購入するというのが、購入目的であると言えます。

購入のヒントとなるソファーベッドの変形の様式には

 ソファーベッドにおける変体の仕組みは大まかに分けるとリクライニング式、カウチタイプ、三つ折り式があります。
 リクライニング式は、背もたれの傾きが段階的に倒せるものです。ベッドにするときには背もたれは床に接地している状態となります。
 三つ折り式は、ソファーとして座っている際に折り畳まれている座面を前に出して、更に、背もたれを後ろに倒すことでベッドになります。
 カウチタイプは、座面の上に足を伸ばすことができるカウチソファーとなるものです。そして、リクライニング式や三つ折り式のようにしてベッドにします。

 このように、ソファーベッドにはいろいろな様式の変体の方法が導入されています。

購入の根拠となるソファーベッドのサイズには

 実際に部屋に置く際、最大の面積となる形態であるベッドを基準にして考えなければ、折角買ったとしても、部屋に置いて実用することがかないません。
 それだけではなく、使うことのできないソファーベッドの扱いに困ってしまいます。
 従って、ソファーベッドを買うに当たり、最も留意しなければいけない事項と言えます。

 まず、ソファーとして使う際の大きさとして、1人掛け、2人掛け、3人掛けが挙げられます。
 リクライニング式、および、三つ折り式のソファーベッドの場合、1人掛け、2人掛け、3人掛けがそのまま、シングル、ダブル、クイーンなどというように、ベッドのサイズにおおよそ対応しています。
 カウチタイプの場合、ベッドにするときには中から引き出して使ったり、2人掛けのカウチソファーの背もたれを倒したり、というように製品の仕様によって、ソファーからベッドにした際の大きさが異なってくることがあると考えられます。
 従って、カウチタイプのソファーベッドは、購入に際して、仕様書を熟読する必要があります。

購入の理由となるソファーベッドのデザインには

 実のところ、ソファーベッドにはさまざまなデザインやカラー仕様があります。
 デザインは、工業デザイナーが力を発揮して多くのものが存在します。この中から、自分の好みに合ったものを探し出すことになります。
 それから、カラーに関しては、ホワイト、ブラック、ブラウンなどがあります。通常のソファーと同じと考えてもらっても問題はないと思われます。
 採用するカラーによって部屋のイメージが異なってくるので、色選びも大切な要因となります。

購入の根拠となるソファーベッドの素材には

 ソファーベッドの表面に使われている素材には、幾つか物が知られています。
 代表的なものとして、ファブリック、合皮、本革があります。
 ファブリックは布で、合皮にはPVCなどがあります。本革は動物の皮をなめしたものでとても高級感がある素材になります。
 好みの素材や、部屋の雰囲気などを配慮して、素材を選ぶことが実際にソファーベッドを長く愛着を持って使う際に重要となります。

まとめ

 以上より、ソファーとベッドを相互に変換させることによる省スペース化を企図して購入されるソファーベッドを選ぶ際の基準は幾つか存在します。
 一番重要な事項は、ベッドにした際にどれだけに面積を部屋の中で占めるかで、大きすぎると使うことができません。つまり、サイズが大事になります。
 それ以外にも、デザイン、カラー、素材などの事項がありますが、これは、部屋のコンセプトや使用者の好みが絡んでくるものです。
 それでは、実践的なソファーベッドを励行して、物理的にも、精神的にも満足のゆく日常生活をお過ごしください。

関連記事

準備中

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」


リアージュグループ 系列店

・機器


リアージュグループ

リアージュグループトップページ