『ドライブ・マイ・カー』を観て

村上春樹原作の日本映画『ドライブ・マイ・カー』を観ました。

禍福は糾える縄の如し。人生はままならず、他者の心が分からないことが拍車をかけます。

ただ自分の心は理解可能ですが、台本のテキストをひたすら読むような作業が必要です。

結果、困難に打ち勝つ強さを得られることが本作から伝わました。

皆様も、本作品をご覧になってはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。