2018年 関西文化の日

毎年恒例となっている関西文化の日は、今月に当たります。

なかでも、本日17日(土)と明日18日(日)に、入館料を無料としている施設が集中しています。

今年は、兵庫の芦屋にある滴翠美術館に行ってきました。

約10年前に、淡交会の青年部の美術館巡りで訪れて以来になります。

tekisui-museum

三和銀行の前身である山口銀行の頭取であった山口吉郎兵衛の邸宅であった建物に、氏のコレクションが所蔵・展示されています。

この建物も、多くのモダニズム建築を手掛けた安井武雄の設計によるもので、昭和7年に竣工した鉄筋コンクリート造りです。

阪神間モダニズムの文化を感じることができます。

 

秋期展「秋うらら」が開催中で、紅葉文の茶碗などが展示されていました。

第2展示室には、氏の組んだ茶箱が3セット展示されていました。

とてもレベルの高い内容なので、氏の数寄振りを推し量ることができると思います。

梅松庵という囲いの茶室を拝見することができますが、その周りはコルクマット貼りの廊下になっており、足音のしないような工夫がなされていました。

 

ところで、帰宅後、以下のようなお菓子を食べたりして、お茶を楽しみました。

tatsuta-gawa

主菓子 龍田川 二つ茶屋製(神戸・元町)

銘々皿 大聖寺伊万里

 

まだ18日(日)以降も、関西文化の日は開催中ですので、都合のよいときに訪れてみてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。