金魚

夏祭りには、縁日の屋台が楽しみの1つです。

その中に、金魚すくいがあり、子ども達が熱中して金魚をすくおうとしています。

 

ポイと呼ばれる、金魚をすくう道具を用いて、水の中を泳ぐ金魚をすくいます。

しかし、紙製であるため、水に浸かることで破れやすくなってしまい、金魚の重さが加わることで完全に破けてしまい、ゲームは終了となります。

 

そもそも、金魚は、フナが突然変異した赤いものを選別して、これを原種として、交配・選別を繰り返して今日まで至ったものです。

 

 

ところで、以下のようなお菓子を食べたりして、お茶を楽しみました。

 

kingyo

主菓子 金魚 源吉兆庵製

銘々皿 大聖寺伊万里

 

macaron-in-summer

干菓子 えびせんべい 桂新堂(名古屋)、春夏マカロン・パンプルムース Sébastien Bouillet製(リヨン)

干菓子器 根来塗 輪花盆

 

それでは、縁日に行かれた際は、金魚すくいの屋台をのぞいてみてください。

 

 

 

「金魚」 中島みゆき

 

一匹も すくえなかったね

ほんとうに要領が悪いんだから

浮いてきたところ すくわなきゃ

ほらシャツの袖が水びたし

きらりひらりきらりひらり

人生が身をかわす

きらりひらり

幸せが逃げる

Follow me!

おすすめの関連記事はこちらです。あわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です