釜敷

釜敷とは、釜をその上に置くための道具です。

この釜敷ですが、幾つか種類があります。

 

組釜敷、紙釜敷、竹釜敷、板釜敷がそれです。

 

組釜敷は、更にその素材により、藤、籐などがあります。

武野紹鴎が作らせたのが始まりと言われています。

後炭手前で使われます。

 

紙釜敷は、奉書、檀紙、美濃紙などを20枚から48枚重ねて4つ折にしたものです。

千利休が始まりと言われています。

白紙以外にも、五色、紅白、文様などの種類があります。

趣向で使い分けるのも面白いと思われます。

初炭手前で使われます。

 

竹釜敷は、太い竹を節の部分で輪切りしたものです。

千宗旦が始まりと言われています。

 

板釜敷、杉釜据は水屋で使うものです。

板釜敷は箱炭斗とともに炉や風炉に炭を継ぐときに用いますが、夜咄の茶事などで表に出る道具となります。

杉釜据は主に水屋でお湯を捨てた後に清める際に用います。

 

茶会で炭手前が省かれる場合には、紙釜敷の上に香合を置いて床に飾られます。

その際、紙釜敷のわさを掛軸の方に向け、床の上座に置きます。

 

炭手前で、釜敷の向きや裏表が、あやふやになることがありますので、どうぞご注意ください。

それから、竹釜敷の実物をいまだ見たことがありません。

Follow me!

おすすめの関連記事はこちらです。あわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。