リフェクスミラーの物性的な弱点は何ですか? そのデメリットと実態に関して

ball-hit-to-film

■リフェクスミラーの物性的な弱点は何ですか? そのデメリットと実態に関して■

▪疑問確認▪

リフェクスミラーは割れないことは凄いけれども、他にウィークポイントがあるのでは、という疑問を持っている方がいらっしゃるようですので、それに答えたいと思います。

 

▪割れない鏡の必要性▪

現在一番普及しているタイプの鏡は、板ガラスを鏡面に用いたものです。量産が容易なために価格がリーズナブルとなっているので、非常に広範に用いられています。

素材がガラスという割れるものであるため、鏡面への衝撃、鏡の落下で割れてしまい、破片が飛び散ってしまう危険性があります。そして2次災害として、手足を切ってしまうことが考えられます。

 

従って、安全面を考慮すると、ガラス片の飛び散ることのない鏡が求められます。このコンセプトに則って開発されたのが、「割れない鏡」と呼ばれる製品です。

その特徴として、ガラスの代わりにフィルムを用いているので、割れて危険な破片が散乱することはありません。また、フィルム、アルミニウム、プラスチックという軽量素材で造られているので、全体が軽くなっています。

そのため、割れない鏡は、割れない点、軽い点でとても安全と言うことができます。

 

▪割れない鏡の代表格であるリフェクスミラー▪

割れない鏡というカテゴリーにおいて、最も人気があって大反響となっているのが、リフェクスミラーという製品です。鏡面のフィルムには、ポリエステルという高分子化合物が用いられています。

一般家屋で、姿見として、また、ダンスやスポーツなどのフォームの確認用として、リフェクスミラーは大活躍しています。

そして、それだけに留まらず、建築材、内装材としても使われ、広いスペースの壁一面に貼られたり、天井一面に貼られたりしています。割れない上に、軽いという安全性のなせる技であると思われます。

とはいうものの、リフェクスミラーにも何かしらのウィークポイントがあると考えられます。ここでは、それを検証してみることにしましょう。

unbreakable-mirror

▪融点▪

物質には、必ず融点が存在しますが、もちろん、リフェクスミラーにも融点が存在します。この製品は、フィルムやアルミニウムがメインに使われています。また、背面のボードは、不燃タイプではケイ酸カルシウムが、軽量タイプでは硬質ウレタンが使われています。

 

無機物のアルミニウムやケイ酸カルシウムは、融点は高くなっています。実際、アルミニウムの融点が660ºC、ケイ酸カルシウムの融点が1540ºCですので、日常生活では溶けることはありません。

一方、有機物のポリエステルの融点が265℃、ウレタンは熱硬化を示すため、融点が不明瞭となっています。

しかし、265℃は、火災の発生時には、鏡面のフィルムは融けてしまうことになります。そして、このフィルムは燃えることになります。

とはいうものの、日常生活では、リフェクスミラーの構成素材が熱で融けることはありませんので、安心して使えます。

 

▪耐薬品性▪

薬品とは少し大袈裟ですが、酸性やアルカリ性の食品が鏡面に掛かったり、こぼしたりすることは、充分に起こり得る事態です。

鏡面を構成するポリエステルフィルムですが、酸には非常に強く、強アルカリに若干弱いという性質を示します。

しかし、日常生活で、強アルカリの物質が鏡に掛かることは、特殊な洗剤でも使わない限り、起こりにくいことです。

 

▪耐光性▪

リフェクスミラーの鏡面に使われているポリエステルは、直射日光に弱い性質も有しています。つまり、紫外線によって徐々に分解していていくのです。

同様に、軽量タイプで用いられている硬質ウレタンは紫外線で劣化し易い性質を持っています。

従って、リフェクスミラーを設置する場所は、直射日光の当たらない場所にしなければいけません。

 

▪耐衝撃性▪

リフェクスミラーの鏡面に使われているフィルムと、背面のボードの間には中空が設けられています。そのため、ボールが鏡面に当たっても、その衝撃を吸収してしまいます。

しかしながら、鋭利なものが鏡面に当たると集中荷重のために、傷が付いたり、穴が空いたりします。そのため、尖ったものは当てないようにしなければいけません。

万が一、表面のフィルムが傷ついてしまっても、貼り直すことができますので、安心してください。

 

▪弱みを上回る強み▪

熱、薬品、光、衝撃に対して、必ずしも耐性を示すわけではありません。しかし、リフェクスミラーはこれらの欠点を克服して余りある長所があります。

割れないこと、軽いこと、像が鮮明なことが特筆するべき長所として挙げられます。

 

▪まとめ▪

以上より、割れない鏡の代表であるリフェクスミラーは、割れないこと、軽量であることなど、安全面で優れた点があります。とはいうものの、鏡面にフィルムと高分子を用いているため、熱、薬品、光、衝撃においては万全ではない点もあります。

しかし、これらによって、リフェクスミラーの良さが損なわれることはありません。

それでは、人気のリフェクスミラーを家に設えて、鏡が存在した安全で安心な生活を満喫してください。


スポンサーリンク

割れない鏡通販

unbreakable-mirror


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です