ずばり格安のファミリーベッドはどれですか?

■ずばり格安のファミリーベッドはどれですか?■

▪疑問確認▪

家族皆で寝られるというファミリーベッドでリーズナブルなものはどれになりますか、という疑問を持つ方がいらっしゃるようですので、それに答えたいと思います。

 

▪ファミリーベッドとも呼ばれる連結ベッド

名前から理解されるように、家族で寝ることができるベッドがファミリーベッドです。これは、通常サイズのベッドを並べて金具で固定したもので、連結ベッドとも呼ばれています。

幅広であるので、3人家族でも、4人家族でも、その上に全員で寝転ぶことが可能なのです。

とはいうものの、物理的に子どもが小さいとき限定で、一緒に寝ることができます。しかし、大切な人格形成期に家族愛で包まれることは、人生においてとても貴重なことではないでしょうか。

そして、子どもが成長したら、金具を外して個々のベッドを各自で使うことができるようになっています。

そのため、非常に長きに渡って連結ベッドを利用し続けられるので、充分に元をとれるのです。従って、リーズナブルな買い物であると結論づけられます。

 

▪子育て現役世代の経済状況

小さい子どもがいる家庭は、勤め人として働き出して比較的浅い年月であると考えられます。そのため、定期昇給の回数もそれほどなく、まだ給与が高くないと言えます。

更に、雇用情勢は、正社員という正規雇用から非正規雇用へとシフトしつつあり、交通費や住宅手当などの福利厚生の恩恵に預からない人も少なくありません。

そのため、ファミリーベッドを買う際、あまり金額が高くなく、かつ、機能的なものを選ぶことが求められます。

 

▪ネット通販による販売

実店舗では、家賃、在庫、人件費などの経費が掛かります。ところが、インターネット上にある店舗は、いわば、バーチャルな世界に存在しているため、サーバー契約の費用は掛かりますが、不動産費用を必要としません。

また、製品を実際に陳列しているわけでもなく、また、売り子も存在しません。

つまり、ネット通販店は維持費用や経営費用が格安なので、扱う商品に価格に転嫁する必要がありません。それ故、通販のファミリーベッドは、価格が抑えられて販売されているのです。

 

▪送料無料の製品

販売業者の利益から転嫁されたものがほとんどです。それと同時に、配送業者に運賃を安くしてくるように働きかけてもいます。

しかしながら、最近は配達員の人手不足が深刻なっており、長時間労働、過密スケジュール、過剰サービスなどが問題となっています。

そのため送料を値上げする方向に動いています。

いままで、日本の配送業者は、便利すぎたのかもしれません。

 

▪人件費の安い製造国での製造

先進国は人件費が高騰しているため、製品の価格を抑えるためには、人件費の安い国で造ることがビジネス上、よく行われます。

その代表的な国が中国です。しかし、中国でも徐々に人件費が上がってきているため、ベトナムやインドネシアなどの国々に製造の現場が移動しています。

連結ベッドも、日本製のものがある一方、中国製やベトナム製の製品が販売されています。

信頼のある国産に比べて、海外製は品質や安全性で問題がないのか気になります。そこで、メーカーなどが実施している第三者機関へ依頼している評価試験の結果を参考にすることが賢明です。

この評価結果次第では、価格が抑えられつつも、品質のよいベッドが手に入ります。

 

▪自己組み立て方式

家具の組み立てにも人件費がかかってしまいます。通販では、商品を届けた際に荷を解いてその場で組み立ててくれるサービスがあります。

しかし、この組み立てサービスの多くは有料となっています。この点、実店舗では組み立てをしてくれるところもありますが、予め料金は価格に入っていると考えられます。

 

そこで、この費用を省くために、購入者自ら、ファミリーベッドを組み立てるのです。これを計算して、メーカーも簡単に組み立てられるような設計や仕様となっています。そのため、特に心配する必要はありません。

 

▪収納引き出しや宮のあるタイプ

子育て現役世代は、とても広い家に住むことは実質的に困難であると思われます。そこで、狭い寝室を有効に活用するために、ファミリーベッドに収納スペースのある仕様のものを選ぶことが便利です。

これにより、寝室に別に収納家具を置く必要がなくなるので、そのための費用が浮きます。

 

床板下に引き出しと床板下収納がある仕様があります。これならば、多くのものを仕舞うことができるので、部屋が物で溢れかえることを防ぐことができます。

そのため、雑多感からもたらされるストレスから解放され、安眠が約束されます。これで、日々の業務を精力的にこなすことができるので、給与の確保に繋がります。

また、ヘッドボードに宮と呼ばれる棚や収納がある仕様もあります。ここに、目覚まし時計やスマートフォンなどを置いておくことができます。これで、サイドテーブルも不要になります。

 

▪まとめ

以上より、基本的に、ファミリーベッドは通販で購入するのが、格安で製品を手に入れる方法であると言えます。実店舗と比べて経費が安く済むため、商品価格も抑えてあるからです。

海外製であっても、第三者機関で評価試験を実施したもののあり、商品を選ぶ際の参考となります。

また、自分で組み立てる方式が一般化しているので、組み立て費用が要りません。そして、通販では送料無料のものが以外と多くあります。

それでは、リーズナブルなファミリーベッドを手に入れて、家族の絆を熟成させてください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です