ロータイプとなる連結ベッドとはどういうものか?

■ロータイプとなる連結ベッドとはどういうものか?■

▪疑問確認▪

連結ベッドはベッドを並べたものというけど、隙間の問題はないの、という疑問を持つ方がいらっしゃるようですので、それに答えたいと思います。

 

▪日本の住宅事情

山が多い島国であるという特徴を持つ日本は、宅地に向いている平らで堅い土地が限られています。そのため、特に人口が多く集まっている都市部では、住宅を建てる土地を広く確保することは難しいという問題があります。

従って、延べ床面積の小さい住宅がたくさん建てられているのが実情です。

 

それに伴って、人生において長い時間を過ごすことになる寝室の面積も狭くなっているのです。

従って、このような部屋にベッドを置くと更に狭くなってしまいます。これでは、リラックスすることができず、安眠に支障をきたすことにもなりかねません。

そこで、快適な眠りを手に入れるために、何かしらの工夫を行うことが大事になります。

これが懸念材料の1つになります。

 

▪日本の家庭事情

現在、日本の家族は、核家族が一般化しています。それとともに、単身家族も増加している傾向になります。

核家族の場合、子どもはだいだい1人、または、2人となっています。つまり、家族構成としては、3人、または、4人となります。

 

かつてのように、祖父母が一緒にいた3世代の家族であれば、小さな子どもを見守ることが充分にできました。

しかし、核家族ではそういうわけにもいきません。ましてや、共稼ぎが普通になってきて子どもへの注意が行き届いていないのが現実です。

その結果、ソファや大人用ベッドからの幼児の転落事故が多発しているのです。堅いフローリングであれば、その衝撃も大きなものとなります。

従って、このような事故を未然に防ぐ対策を必要となります。

これが、懸念材料の2つ目となります。

 

▪連結ベッドというもの

現在、ちいさなお子さんのいる家庭で注目を集めているものが連結ベッドというものです。その存在を知らない人からすれば、こんなものがあったのかと驚かれるかもしれません。

名は体を表すように、2台以上のベッドを並べて金具で繋いだ製品です。

 

従って、少なくとも通常の幅を持つベッドの倍以上を備えていることになります。このような構造であるため、幼児にいる家庭で家族そろってベッドで寝ることができるのです。幅が200 cmから280 cmもあれば、3人や4人で寝るには充分な広さになります。

これが、連結ベッドがファミリー層に好まれる最大の理由です。

 

▪低床となる連結ベッド

小さい子どもが寝ることを想定して設計されているため、ベッドから落下して堅い床に当たっても大事は至らないように、高さが抑えられています。

つまり、低床の仕様となっているため、ベッドから落ちても大怪我になるリスクが低減されているのです。

そのため、頭が重くて立っていてもバランスのよくない幼児に適したベッドであると言えます。

従って、低床構造が標準化している連結ベッドによって、先ほどの懸念材料の2つ目が解決されることになります。

▪天井までの距離があり低床ベッド

連結ベッドの特徴である低床仕様によって、空間的な効果が得られます。

つまり、天井までの距離が長くなるので、天井が視覚的に高く感じられます。更に、寝室の空間容積も広くなるので、実質的に広くなっています。

そのため、低床の連結ベッドが部屋にあると、開放的な印象を受けます。結果として、精神的にとてもリラックスすることができます。

そして、心安らかな状態で深い眠りに就くことが可能となります。これで、身体的な、かつ、精神的な疲れをとることができます。

従って、連結ベッドは、先ほどの懸念材料の1つ目を解決することになります。

 

▪ロータイプならではのデメリット

連結ベッドは床からの高さがないため、舞い上がった床のホコリが顔の高さに浮遊することになります。

これを吸い込むのは健康的ではありません。場合によって、アレルゲンとなる物質が含まれていて、ぜんそくなどのアレルギーを引き起こすこともあるかもしれません。

そのため、掃除機などを使ったり、窓を開けて換気をしたりして、床のホコリを取り除くことが大切になります。

特に体の免疫機能が未発達の幼児が寝ることを考えると、衛生的に保つことの重要性が認識されます。

 

▪まとめ

以上より、ファミリーが全員で寝ることができる連結ベッドは、床からの高さが低くなっている仕様が多くのもので採用されています。

そのため、ソファやベッドからの転落が心配される幼児が使っても、怪我のおそれが低くなっています。

それに、高さのないベッドは、天井が高く感じられるとともに、空間的にも広くなっています。そのため、開放的な印象を受け、圧迫感や窮屈感というストレスから解放されて、とてもリラックスします。

このように、連結ベッドは、低床であるが故のメリットが多くあるのです。

それでは、高さの低い連結ベッドを使って、心身ともにリラックスした状態での眠りをお楽しみください。


おすすめの連結ベッドはこちらのショップで購入できます。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です